アラートの概要

アラートによって、クラウド アプリケーションの問題をタイムリーに認識し、問題をすばやく解決できます。

アラート ポリシーを作成するには、アラートを受け取る状況と通知方法を記述する必要があります。このページでは、アラート ポリシーの概要とそのコンセプトについて説明します。

より実践的なハンズオンについては、次のクイックスタートのいずれかの手順に従ってください。

Stackdriver の使用状況をモニタリングして料金のしきい値に近づいた際にアラートを出力するポリシーについては、Stackdriver の使用状況に関するアラートをご覧ください。

アラートの仕組み

アラート ポリシーの作成と管理は、Stackdriver Monitoring Console、Stackdriver Monitoring APICloud SDK で行うことができます。

各ポリシーでは次のことを指定します。

  • 1 つのリソースまたはリソースのグループの異常な状態を識別する条件

  • リソースが異常であることをサポートチームに知らせるために、メール、SMS、その他のチャネルを通じて送信されるオプションの通知

  • サポートチームによる問題の解決に役立つように、一部のタイプの通知に含めることができるオプションのドキュメント

イベントでいずれかのアラート ポリシーの条件がトリガーされると、Stackdriver Monitoring によってインシデントが作成され、Stackdriver Monitoring Console に表示されます。通知を設定した場合は、Stackdriver Monitoring によってユーザーやサードパーティの通知サービスに通知も送信されます。応答者は通知の受信を確認できますが、インシデントはリソースが異常な状態ではなくなるまで開いたままです。

これらのコンセプトについて詳しくは、アラート ポリシーの詳細をご覧ください。

LAMP スタックを実行している Compute Engine VM インスタンスにウェブ アプリケーションをデプロイします。HTTP レスポンスのレイテンシは通常の需要の増減に応じて変動する場合があることはわかっていますが、ユーザーが長いレイテンシをかなりの時間経験するようになった場合は、対応が必要になります。

ユーザーのレイテンシが長くなったときに通知を受けるには、次のアラート ポリシーを作成します。

HTTP レスポンスのレイテンシが 2 秒を超えた場合、
かつ、この状態が 5 分を超えて継続した場合、
インシデントを開き、サポートチームにメールを送信します。

ウェブアプリは予期したよりも人気が高く、レスポンスのレイテンシが 2 秒を超えるようになりました。アラート ポリシーでどのように対応するかを次に示します。

  1. 連続する 5 分間で 2 秒を超える HTTP レイテンシが発生した後、Stackdriver Monitoring によってインシデントが開かれ、メールが送信されます。

  2. サポートチームがメールを受信し、Stackdriver Monitoring Console にログインし、通知の受信を確認します。

  3. 通知メールのドキュメントに従って、チームはレイテンシの原因に対応できます。数分以内に、HTTP レスポンスが 2 秒未満に戻ります。

  4. Stackdriver Monitoring によって 2 秒未満の HTTP レイテンシが測定されると、すぐに、ポリシーの条件は真ではなくなります(短いレイテンシが 1 回でも測定されると、「連続 5 分」という要件に該当しなくなります)。

    Stackdriver Monitoring によってインシデントが閉じられ、5 分のタイマーはリセットされます。次の連続する 5 分の間にレイテンシが 2 秒を超えると、ポリシーによって新しいインシデントが開かれます。

次のステップ

  • グラフィック ユーザー インターフェースでアラート ポリシーを作成および管理するには、コンソールの使用をご覧ください。
  • Stackdriver Monitoring API またはコマンドラインでアラート ポリシーを作成および管理するには、API の使用をご覧ください。
  • アラート ポリシーの処理のコンセプトについて詳しくは、アラート ポリシーの詳細をご覧ください。
  • 現在利用可能な通知チャネルについては、通知オプションをご覧ください。
  • JSON でのさまざまなアラート ポリシーについては、サンプル ポリシーをご覧ください。

費用と制限

アラート ポリシーや稼働時間チェックの利用に伴う費用はありませんが、次の制限が適用されます。

カテゴリ
ワークスペースごとの稼働時間チェック 100
ワークスペースごとのアラート ポリシー 500
アラート ポリシーごとの条件 6
アラート ポリシーごとの通知チャネル 16
ワークスペースごとの通知チャネル 4000
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。