containerd ノードのイメージ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Google Kubernetes Engine(GKE)ノードのコンテナ ランタイムとして containerd を使用するノードイメージについて説明します。

containerd について

コンテナ ランタイムは、コンテナの実行と、Kubernetes のコンテナ管理の抽象化を行うソフトウェアです。コンテナにはいくつかの異なるランタイムが存在します。

containerd は業界標準のコンテナ ランタイムであり、Kubernetes によってサポートされ、他の多くのプロジェクトで使用されています。containerd ランタイムには、gVisorイメージ ストリーミングなどの豊富な機能を実装して GKE の機能を拡張できるようにするレイヤ抽象化の機能が用意されています。

containerd ランタイムは、Docker ランタイムよりも効率的で安全なリソースとみなされます。

GKE クラスタでの containerd イメージの使用

新しい GKE クラスタを作成する場合、既存のクラスタに新しいノードプールを作成する場合、または既存のクラスタをアップグレードする場合は、コンテナ化されたノードイメージを使用できます。GKE Autopilot クラスタは、常に containerd とともに Container-Optimized OS を使用します。

次の表に、クラスタモードとノードプール OS ごとに、サポートされている containerd ノードイメージを示します。

クラスタモード ノードプール OS ノードイメージ
Autopilot Linux cos_containerd
スタンダード Linux
  • cos_containerd
  • ubuntu_containerd
スタンダード Windows Server

これらのイメージには、GKE バージョン 1.21.1-gke.2200 以降が必要です。

特権 Pod を使用した Docker へのアクセス

ユーザーが特権 Pod を使用してノード上の Docker Engine にアクセスする場合は、Docker に直接依存することがないように、これらのワークロードを更新する必要があります。たとえば、ロギングとモニタリングの抽出プロセスを Docker Engine から GKE システム アドオンに移行することを検討してください。

containerd を使用してコンテナ イメージをビルドする

containerd を使用してコンテナ イメージをビルドすることはできません。containerd が含まれる Linux イメージには Docker バイナリが含まれているため、Docker を使用してイメージをビルドして push できます。ただし、個別のコンテナやローカルノードを使用してイメージをビルドするコマンドを実行することはおすすめしません。

Kubernetes は自身のスコープ外のローカル プロセスで使用されるシステム リソースを認識しないので、Kubernetes コントロール プレーンはリソースを割り当てる際にそれらのプロセスを考慮することができません。その結果、リソース関係の GKE ワークロードが枯渇する可能性があります。また、ノードが不安定になる可能性もあります。

このようなタスクを実施する場合は、個々のコンテナのスコープ外でその他のサービス(Cloud Build など)を利用するか kaniko などのツールを使用して Kubernetes ワークロードの形でイメージをビルドすることをご検討ください。

これらの推奨事項を採用できない場合は、このリスクをご理解のうえ、ローカルノード上で Docker によるイメージのビルドを進めてください。GKE クラスタでイメージを使用する場合は、事前にイメージをレジストリに push しておく必要があります。containerd が含まれる Kubernetes は、Docker を使用してローカルにビルドされたイメージを認識しません。

containerd ノード上のコンテナをデバッグする

Linux ノードでのデバッグやトラブルシューティングのため、Kubernetes コンテナ ランタイム用にビルドされたポータブル コマンドライン ツール crictl を使用して、containerd と対話できます。crictl は、コンテナやイメージの表示、ログの読み取り、コンテナでのコマンドの実行などの一般的な機能をサポートします。サポートされている全機能と使用方法については、crictl ユーザーガイドをご覧ください。

Windows Server ノードの場合、containerd デーモンは containerd という名前の Windows サービスとして実行されます。

ログの利用方法は次のとおりです。

  • Windows: C:\etc\kubernetes\logs\containerd.log
  • Linux: journalctl -u containerd を実行

LOG NAME: "container-runtime"ログ エクスプローラで Windows ノードと Linux ノードのログを表示することもできます。

既知の問題とトラブルシューティング

トラブルシューティングと既知の問題の回避策については、コンテナ ランタイムのトラブルシューティングをご覧ください。

次のステップ