カスタム指標の使用

このガイドでは、カスタム指標を作成して使用する方法について説明します。情報は、次のセクションに分かれています。

  • カスタム指標の作成では、カスタム指標を作成する方法と、作成した指標に時系列データを追加する方法について説明します。
  • 指標の閲覧では、カスタム指標と 900 以上の組み込み指標の一覧を示し、検査する方法を説明します。
  • 指標の読み込みでは、Stackdriver Monitoring API を使用して、カスタム指標と組み込み指標から時系列データを取得する方法について説明します。また、グラフとアラートでも指標データを使用できます。

指標に対するこれらのオペレーションはすべて、Stackdriver Monitoring API v3 を必要とし、API Explorer、C#、Go、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby の各プログラミング言語を使用した例で示されています。Stackdriver Monitoring の基礎となる指標の概念についての説明は、指標をご覧ください。

始める前に

カスタム指標は Stackdriver Monitoring の有料機能のため、カスタム指標の利用には料金が発生する場合があります。詳細については、Stackdriver の料金をご覧ください。新しい Stackdriver アカウントを作成すると、この機能をはじめとする Stackdriver プレミアム機能を 30 日間無料で利用できます。

カスタム指標は Stackdriver アカウントのメンバーである Cloud Platform Console プロジェクト内に存在します。単に組込み指標を閲覧している場合でも、作業用のプロジェクトが必要です。

  1. アクセスしたいモニタリング データがある Google Cloud Platform Console プロジェクトを作成または選択します。このガイドでは、プロジェクトのための ID は、{your-project-id} と表記しています。
  2. Stackdriver Monitoring でプロジェクトを有効にします

カスタム指標について

カスタム指標は、以下を除いて、Stackdriver Monitoring の組込み指標と同じです。

  • Cloud Platform Console プロジェクト内にカスタム指標を作成することができます。
  • カスタム指標名は custom.googleapis.com/ で始まり、これは組込み指標とは異なっています。
  • カスタム指標に時系列データを書き込むことができます。
  • カスタム指標を削除することができます。

次の表では、カスタム指標と組込み指標で使用できる API メソッドを示します。

Stackdriver Monitoring API のメソッド カスタム指標での
使用
組込み指標での
使用
monitoredResourceDescriptors.get
monitoredResourceDescriptors.list
metricDescriptors.get
metricDescriptors.list
timeSeries.list
timeSeries.create
metricDescriptors.create
metricDescriptors.delete

制限とレイテンシ

カスタム指標の数とアクティブな時系列の数の制限、およびデータの保存期間については、割り当てのポリシーを参照してください。保存期間を超えて指標データを保持したい場合は、手動で Google Cloud Storage やGoogle BigQuery のような別の場所にデータをコピーする必要があります。

カスタム指標へのデータの書き込みに関連したレイテンシの詳細については、コレクション、保持、およびレイテンシをご覧ください。

フィードバックを送信...