グラフの作成

このガイドでは、Monitoring グラフについて説明します。グラフを作成する方法は 2 つあります。

  • Metrics Explorer でアドホック グラフを作成する。
  • ダッシュボードに追加するグラフを作成する。

ダッシュボード用に作成されたグラフは永続的なもので、モニタリング ツールのセットの一部となります。Metrics Explorer で作成したグラフは一時的なもので、特定の問題の調査に使用されます。作成方法は同じです。

グラフには、カスタム指標を含め、プロジェクトで収集されるどの指標タイプも表示できます。

次のスクリーンショットは、CPU 使用率指標のグラフを示しています。

CPU 使用率のグラフと凡例

このスクリーンショットのように、グラフでは指標の各時系列は色付きの線で表示されます。グラフの下の凡例には、各時系列の色が表示されます。

始める前に

  • ダッシュボードにグラフを追加するには、Cloud IAM 役割 roles/monitoring.editor が必要です。Metrics Explorer を使用する場合は、Cloud IAM 役割 roles/monitoring.viewer が必要です。詳細については、アクセス制御をご覧ください。
  • Stackdriver の指標の概要については、指標、時系列、リソースをご覧ください。
  • 独自の指標を作成するには、カスタム指標ログベースの指標をご覧ください。

Metrics Explorer で新しいグラフを作成する

Metrics Explorer を使用すると、プロジェクトで収集された指標のアドホック グラフを作成できます。Metrics Explorer で作成したグラフはダッシュボードに保存できますが、Metrics Explorer を使用することで、ダッシュボードを使用せずにデータを調べることもできます。また、グラフの URL を作成してグラフを共有することもできます。

Metrics Explorer を使用して新しいグラフを作成するには:

  1. Stackdriver Monitoring Console で、[Resources] > [Metric Explorer] ページの順に移動します。

    [Metrics Explorer] ページに移動

  2. ページ上部のリストから必要なワークスペースを選択します。

    ワークスペースの選択

ダッシュボード用の新しいグラフを作成する

ダッシュボードには通常、常に使用可能にしておきたい関連グラフが表示されます。これに該当するリソースには、グラフ、稼働時間チェックアラートなどがあります。

ダッシュボードに新しいグラフを作成するには、ダッシュボードのツールバーの右端にある [Add Chart] ボタンをクリックします。

ダッシュボードのツールバー

グラフの設計が完了したら、[Save] ボタンをクリックしてダッシュボードに追加します。ダッシュボードには最大で 25 のグラフを配置できます。

また、グラフの上にある [Other options] ボタン(more_vert)をクリックして [Open in Metrics Explorer] オプションを選択することによって、Metrics Explorer のダッシュボードでどのグラフも確認できます。

グラフの設計

ダッシュボードに追加するグラフを作成する場合でも、Metrics Explorer でアドホック グラフを作成する場合でも、グラフ定義のインターフェースはほぼ同じです。

グラフを設計するには、次の 2 つの作業を行います。

  • グラフに表示するデータを決める。
  • グラフの外観を構成する。

このタスクを行うには、グラフの定義ページ([Add Chart] または [Metrics Explorer])の 2 つのタブを使用します。以下のスクリーンショットは [Add Chart] ページの例です。

グラフ定義タブ

  • [Metric] タブでは、グラフに表示する指標を指定します。詳細については、指標の選択をご覧ください。
  • [View options] タブでは、グラフ自体の外観を指定します。詳細については、表示オプションの設定をご覧ください。

ダッシュボード用のグラフには名前を付ける必要があります。上のスクリーンショットでは Untitled になっています。Metrics Explorer のグラフに名前はありません。このフィールドは、[Metrics Explorer] ページに表示されません。ダッシュボード用のグラフにタイトルを付ける方法については、グラフタイトルの設定をご覧ください。

グラフをダッシュボードに追加したら、同じインターフェースを使用してグラフを編集できます。

グラフの操作

Monitoring のグラフは静的な画像ではなく、動的に構成されます。ダッシュボードに追加した場合でも、Metrics Explorer で作成した場合でも、これらのグラフはさまざまな方法で操作できます。詳細については、グラフの操作をご覧ください。

凡例に表示する指標とリソースラベルを選択することもできます。詳細は、凡例を構成するをご覧ください。

グラフタイトルの設定

ダッシュボードにグラフを追加するときに、グラフにタイトルを関連付けることができます。グラフに指定した指標に応じてタイトル候補がユーザー インターフェースに表示されますが、独自のタイトルを設定することもできます。次のスクリーンショットには、ユーザーが指定したタイトルとシステム推奨のタイトルが表示されています。

グラフタイトルの設定

タイトル候補を採用する場合は、候補の青いテキストをクリックします。タイトルはいつでも変更できます。独自のタイトルを設定後に誤って候補をクリックしてしまった場合は、Control-Z で元に戻せます。

グラフに関連するパフォーマンスと制限

グラフやダッシュボードのパフォーマンスを左右する要素の 1 つに、表示されるデータの量があります。パフォーマンスを許容範囲内に保つために、次の制限がグラフに適用されます。

カテゴリ
1 つのダッシュボード上のグラフの数 25
1 つのグラフ上の線の数 300

これは、ダッシュボード上のグラフ数またはグラフ上の線数の上限を示しています。ただし、上限までの線数がグラフに必要なことはあまりありません。

過剰データの構造的原因

グラフ上のデータ量はデータを提供する指標によって決まります。その指標の構造は、指標が保持するデータ量に大きな影響を与えることがあります。

指標がそのラベル内で取得するデータの量は、指標のカーディナリティと呼ばれます。カーディナリティは、すべてのラベルで可能な値の組み合わせの数です。

指標に 2 つのラベルがあり、他のラベルの値とは無関係な値がラベルごとに 5 つある場合、その指標のカーディナリティは 25 で、これは最初のラベルの 5 つの値と 2 番目のラベルの 5 つの値の可能な組み合わせです。指標にラベルが 1 つしかなく、可能な値が 500 個ある場合、カーディナリティは 500 になります。

指標内のラベルの最大数は 10 であり、各ラベルの値の範囲は限定されていなければなりません。たとえばタイムスタンプは不適切です。範囲が狭くても可能な値の数は膨大なためです。

グラフの消費者として、Stackdriver Monitoring に組み込まれている指標の構造についてできることはほとんどありません。組み込まれているほとんどの指標はカーディナリティの問題を回避するように設計されています。

指標データを表示するときにパフォーマンスの問題が発生した場合は、グラフデータの削減に記載されている手法を使用して問題を緩和できることがよくあります。

指標が自分のサービス用に作成されたカスタム指標である場合、サービス開発者に指標の定義の変更を依頼して、ラベルの数やラベルの可能な値の数を減らし、結果として指標のカーディナリティを減らすこともできます。

グラフデータの削減

パフォーマンスをさらに向上させ、同時にグラフを理解しやすくするには、次の手法を使用してグラフの行数を減らしてください。

古いスタイルの凡例

凡例を構成するに記載されている凡例は、ユーザーが構成できなかった以前の実装を置き換えたものです。

Stackdriver のドキュメントの他の場所にあるグラフのスクリーンショットの多くは古い凡例を示しています。そのような場合、スクリーンショットの前後の説明にとって凡例のスタイルは重要ではありません。

ただし、実装された結果には、次のような視覚的な違いがあります。

  • 凡例自体の外観と内容が異なります。

    古い凡例には [Name] と [Value] の列しかありませんでした。

    凡例の行: 古い表示

    現在の凡例の内容は、次のように構成できます。

    凡例の行: 現在の表示

  • 凡例を切り替えるグラフのコントロールが変更されました。

    グラフ コントロールの古い凡例切り替えアイコンは、4 つの積み重ねられた棒です。

    凡例の切り替え: 古い表示

    グラフ コントロール内の現在の凡例切り替えアイコンは、3 つの点付きの棒が積み重なったものです。

    凡例の切り替え: 新しい表示

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。