Dialogflow CX Console の概要

Dialogflow では、Dialogflow CX Console(ドキュメントに移動コンソールを開く)と呼ばれるウェブユーザー インターフェースがあります。このコンソールを使用して、CX エージェントを作成、ビルド、およびテストします。CX Console は ES Console と同様の目的で使用できますが、CX Console のユーザー インターフェースの方がずっと視覚的です。各フローは会話のステートマシン図としてグラフ化されるため、複雑なエージェントの設計と理解が容易になります。

Dialogflow CX Console は Google Cloud Platform(GCP)Console とは異なります(ドキュメントに移動コンソールを開く)。Dialogflow CX Console は Dialogflow CX エージェントの管理に使用され、GCP Console は GCP 固有の Dialogflow CX 設定(課金など)およびその他の GCP リソースの管理に使用されます。

ほとんどの場合、Dialogflow CX Consoleを使用してエージェントをビルドする必要がありますが、Dialogflow CX API を使用して高度なシナリオ用のエージェントを作成することもできます。

多くのクイックスタート ガイドや入門ガイドではコンソールの使用手順を説明していますが、このガイドでは、コンソールの概要を説明します。

コンソールの使い方

このコンソールでは、プロジェクトとエージェントの作成、構築、管理、微調整、テストを行います。コンソールでは次の作業を行うことができます。

プロジェクト セレクタ

最初にコンソールを読み込むときに、プロジェクトを選択する必要があります。プロジェクト セレクタ インターフェースは、次の目的で使用します。

  • 既存のプロジェクトを選択する
  • 新しいプロジェクトの作成

プロジェクトの選択のスクリーンショット

エージェント セレクタ

プロジェクトを選択したら、エージェントを選択する必要があります。エージェント セレクタ インターフェースは、次の目的で使用します。

エージェントの選択のスクリーンショット

エージェント ビルダー

プロジェクトとエージェントが選択されると、エージェント ビルダーが読み込まれます。ビルダーは次のパネルで構成されます。

エージェント ビルダーのスクリーンショット

コンソール メニュー(1)

このメニューを使用して、Dialogflow コンソールを切り替えることができます。

プロジェクトとエージェントの選択(2)

これらのメニューを使用して、プロジェクト、エージェント、多言語エージェントの現在のアクティブ言語を変更できます。

検索バーとタスク インジケーター(3)

検索バー を使用して、エージェント内のコアリソースを検索、フィルタ、アクセスします。このタスクインジケータ は、トレーニングなどのタスクのステータスを示します。

タブを構築して管理する(4)

[Build] タブには、フローとページを管理するためのセクションが含まれています。フロー セクションでフローを選択すると、そのフローに含まれるページがページ セクションに一覧表示されます。

[管理] タブには、インテント、エンティティ タイプ、Webhook など、エージェントが利用できるリソースとツールが含まれています。

グラフの設定(5)

これらのボタンを使用すると、エージェント グラフの表示と操作に関するさまざまな制御ができます。

エージェント設定とシミュレータ ボタン(6)

[Agent Settings] ボタンによってエージェント設定パネルが開きます。 [Test Agent] ボタンによってシミュレータ パネルが開きます。

グラフ(7)

このグラフは、ステートマシンの図と同様に、選択したフローを視覚的に表したものです。グラフの各ノードは、ページまたはフローの開始ページを表します。ノードをクリックして展開または縮小できます。 展開すると、ノードデータを編集できます。

グラフの最初のノード(Start といいます)が、フローの開始ページです。あるノードから別のノードへの接続線は、可能な移行を示しています。移行が別のフローにつながる場合は、ターゲット フローがノードとして表示されます。

編集パネルとシミュレータ パネル(8)

シミュレータでエージェントのコンテンツを編集するかエージェントをテストすると、コンソールの右側にコンテンツ固有のパネルが開きます。これらのパネルは、展開して使用できるコンソール領域全体に表示するようにしたり、折りたたんでコンソールの右側の部分に表示するようにしたり、完了したら終了したりできます。

シミュレータ

シミュレータは、エージェントのテストに使用されます。セッション状態の変化をモニタリングしながら、エージェントと会話できます。

シミュレータを使用して、実行可能なテストケースを作成することもできます。