インスタンス

このページでは、Cloud Spanner インスタンス、その主な 2 つの特徴であるインスタンス構成とコンピューティング容量について説明します。

インスタンスの概要

Cloud Spanner を使用するには、Google Cloud プロジェクトで Cloud Spanner インスタンスを作成する必要があります。これにより、このインスタンスに作成した Cloud Spanner データベースにリソースが割り当てられます。

インスタンスを作成する場合、インスタンスの構成とコンピューティング容量の 2 つの重要な選択を行います。この設定により、インスタンスのサービス リソースやストレージ リソースのロケーションと上限が決まります。

インスタンス構成

インスタンスの構成により、インスタンスのデータベースの地理的な場所とレプリケーションが定義されます。インスタンスを作成する際には、リージョン(すべてのリソースが 1 つの Google Cloud リージョン内に存在します)かマルチリージョン(リソースが複数のリージョンに分散します)のいずれかとして構成する必要があります。インスタンスの構成を選択すると、インスタンスでのデータの格納場所が決まります。以下では、リージョン構成とマルチリージョン構成について詳しく説明します。

インスタンス構成の詳細については、リージョン構成とマルチリージョン構成をご覧ください。

コンピューティング容量

コンピューティング容量は、インスタンス内のデータベースに使用可能なサーバーとストレージのリソースの量を定義します。インスタンスを作成するときは、そのコンピューティング容量を処理単位数またはノード数(1,000 処理単位が 1 ノードに等しい)として指定します。

コンピューティング容量が 1, 000 処理単位(1 ノード)未満のインスタンスを作成している場合は、処理単位を使用してインスタンスのコンピューティング容量を指定する必要がありますが、それ以外ではどの測定単位を使用するかは重要ではありません。

コンピューティング容量の詳細については、コンピューティング容量、ノード、処理単位をご覧ください。

次のステップ