ノードイメージの指定


このページでは、Google Kubernetes Engine(GKE)でノードに使用するノードイメージを指定する方法を説明します。

ノードイメージの仕組みと使用可能なノードイメージの種類については、ノードイメージをご覧ください。

始める前に

作業を始める前に、次のことを確認してください。

  • Google Kubernetes Engine API が有効になっていることを確認します。
  • Google Kubernetes Engine API の有効化
  • Cloud SDK がインストール済みであることを確認します。
  • 次のいずれかの方法で、プロジェクトにデフォルトの gcloud コマンドライン ツールを設定します。
    • プロジェクトのデフォルトの設定全般を確認する場合は、gcloud init を使用します。
    • gcloud config を使用して、プロジェクト ID、ゾーン、リージョンを個別に設定します。

    gcloud init

    1. gcloud init を実行して、次の操作を行います。

      gcloud init

      リモート サーバーで SSH を使用している場合は、--console-only フラグを指定して、コマンドがブラウザを起動しないようにします。

      gcloud init --console-only
    2. 手順に従って gcloud ツールを承認し、Google Cloud アカウントを使用します。
    3. 新しい構成を作成するか、既存の構成を選択します。
    4. Google Cloud プロジェクトを選択します。
    5. デフォルトの Compute Engine ゾーンを選択します。
    6. デフォルトの Compute Engine リージョンを選択します。

    gcloud config

    1. デフォルトのプロジェクト ID を設定します。
      gcloud config set project PROJECT_ID
    2. デフォルトの Compute Engine リージョン(例: us-central1)を設定します。
      gcloud config set compute/region COMPUTE_REGION
    3. デフォルトの Compute Engine ゾーン(例: us-central1-c)を設定します。
      gcloud config set compute/zone COMPUTE_ZONE
    4. gcloud を最新バージョンに更新します。
      gcloud components update

    デフォルトの場所を設定することで、gcloud ツール(One of [--zone, --region] must be supplied: Please specify location など)のエラーを防止できます。

ノードイメージの指定

新しいクラスタの作成時に使用するノードイメージを選択できます。また、既存のクラスタのノードイメージを変更することもできます。

新しいクラスタを作成する

gcloud

特定のノードイメージを使用して新しいクラスタを作成するには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters create CLUSTER_NAME --image-type IMAGE_NAME

次のように置き換えます。

  • CLUSTER_NAME: クラスタに付ける名前。
  • IMAGE_NAME: ノードイメージ タイプの名前。次のいずれかの値になります。
    • cos_containerd: containerd を含むコンテナ用に最適化された OS
    • cos: Docker を含むコンテナ用に最適化された OS
    • ubuntu_containerd: containerd を含む Ubuntu
    • ubuntu: Docker を含む Ubuntu
    • windows_ltsc_containerd: Containerd を含む Windows Server SAC
    • windows_sac_containerd: Containerd を含む Windows Server LTSC
    • windows_ltsc: Docker を含む Windows Server LTSC
    • windows_sac: Docker を含む Windows Server SAC

Console

  1. Cloud Console で Google Kubernetes Engine ページに移動します。

    Google Kubernetes Engine に移動

  2. [ 作成] をクリックします。

  3. 必要に応じてクラスタを構成します。

  4. ナビゲーション パネルで、[ノードプール] の下の [ノード] をクリックします。

  5. [イメージの種類] プルダウン リストから、目的のノードイメージを選択します。

  6. [作成] をクリックします。

既存のクラスタをアップグレードする

gcloud

特定のノードイメージを使用するように既存のクラスタをアップグレードするには、gcloud container clusters upgrade コマンドを使用します。クラスタ内のすべてのノードプールをアップグレードすることも、--node-pool を使用して特定のノードプールを指定することもできます。

特定のノードイメージを使用するように既存のクラスタをアップグレードするには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters upgrade CLUSTER_NAME --image-type IMAGE_NAME \
    [--node-pool POOL_NAME]

次のように置き換えます。

  • CLUSTER_NAME: 既存のクラスタの名前。
  • POOL_NAME: 更新するノードプールの名前。
  • IMAGE_NAME: ノードイメージ タイプの名前。次のいずれかの値になります。
    • cos_containerd: containerd を含むコンテナ用に最適化された OS
    • cos: Docker を含むコンテナ用に最適化された OS
    • ubuntu_containerd: containerd を含む Ubuntu
    • ubuntu: Docker を含む Ubuntu
    • windows_ltsc_containerd: Containerd を含む Windows Server SAC
    • windows_sac_containerd: Containerd を含む Windows Server LTSC
    • windows_ltsc: Docker を含む Windows Server LTSC
    • windows_sac: Docker を含む Windows Server SAC

Console

  1. Cloud Console で Google Kubernetes Engine のページに移動します。

    Google Kubernetes Engine に移動

  2. クラスタのリストで、変更するクラスタの名前をクリックします。

  3. [ノード] タブをクリックします。

  4. [ノードプール] で、アップグレードするノードプールの名前をクリックします。

  5. [ノードプールの詳細] ページで、[ 編集] をクリックします。

  6. [ノードのバージョン] で、[変更] をクリックします。

  7. 目的のノードのバージョンを選択し、[変更] をクリックしてアップグレードを開始します。

次のステップ