cbt を使用したクイックスタート

このページでは、cbt コマンドを使用して Cloud Bigtable インスタンスに接続する方法や基本的な管理タスクを実施する方法、テーブルのデータの読み取りと書き込みを行う方法について説明します。

HBase シェルについて十分な知識がある場合は、代わりに HBase シェルを使用したクイックスタートに従って開始してもかまいません。

始める前に

  1. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  2. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  3. Cloud Bigtable と Cloud Bigtable Admin API を有効にします。

    APIを有効にする

Cloud Bigtable インスタンスを作成する

  1. Google Cloud Platform Console で [インスタンスの作成] ページを開きます。

    [インスタンスの作成] ページを開く

    [インスタンスを作成] ページのスクリーンショット

  2. [インスタンス名] に「Quickstart instance」と入力します。

  3. [インスタンス ID] に「quickstart-instance」と入力します。

  4. [インスタンスのタイプ] で [開発] を選択します。

  5. [ストレージの種類] で [SSD] を選択します。

  6. [クラスタ ID] に「quickstart-instance-c1」と入力します。

  7. [リージョン] で「us-east1」を選択します。

  8. [ゾーン] で [us-east1-c] を選択します。

  9. [作成] をクリックしてインスタンスを作成します。

インスタンスへの接続

  1. Cloud SDK をインストールします(インストールされていない場合)。

  2. ローカルで、または Cloud Shell でターミナル ウィンドウを開きます。

    Cloud Shell を開く

  3. cbt コマンドをインストールします。

    gcloud components update
    gcloud components install cbt
    
  4. .cbtrc ファイルを作成し、[PROJECT_ID] を Cloud Bigtable インスタンスを作成したときのプロジェクト ID に置き換えて、プロジェクトとインスタンスを使用するように cbt を構成します。

    echo project = [PROJECT_ID] > ~/.cbtrc
    echo instance = quickstart-instance >> ~/.cbtrc
    

これで、インスタンスで cbt コマンドを使用できるようになりました。

データの読み取りと書き込み

Cloud Bigtable では、いくつもの行で構成されたテーブルにデータが格納されます。各行は行キーによって識別されます。

各行内のデータは、列ファミリーや列のグループに整理されます。列ファミリー内の個々の列は列修飾子によって識別されます。

セルとは、行と列が交差する部分に相当します。各セルに格納できる値は 1 つですが、その値は複数のバージョンを持つことができます。

  1. my-table という名前のテーブルを作成します。

    cbt createtable my-table
    
  2. テーブルの一覧を表示します。

    cbt ls
    

    コマンドによって次のような出力が表示されます。

    my-table
    
  3. cf1 という名前の列ファミリーを 1 つ追加します。

    cbt createfamily my-table cf1
    
  4. 列ファミリーを一覧表示します。

    cbt ls my-table
    

    コマンドによって次のような出力が表示されます。

    Family Name     GC Policy
    -----------     ---------
    cf1             <never>
    
  5. 列ファミリー cf1 と列修飾子 c1 を使用して、行 r1test-value という値を入れます。

    cbt set my-table r1 cf1:c1=test-value
    
  6. cbt read コマンドを使用して、テーブルに追加したデータを読み取ります。

    cbt read my-table
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    ----------------------------------------
    r1
      cf1:c1                                   @ 2019/03/26-15:05:38.840000
        "test-value"
    
  7. テーブル my-table を削除します。

    cbt deletetable my-table
    

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて GCP アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  1. GCP Console で Cloud Bigtable インスタンスのリストを開きます。

    インスタンスのリストを開く

  2. [クイックスタート インスタンス] をクリックします。
  3. [インスタンスの削除] をクリックします。

    [インスタンスの削除] ペインのスクリーンショット

  4. quickstart-instance」と入力し、[削除] をクリックしてインスタンスを削除します。
  5. ターミナルで、.cbtrc ファイルを削除します。
    rm ~/.cbtrc

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント