例: C++ の「Hello World」アプリケーション

この例は、C++ で記述された単純な「Hello World」アプリケーションであり、以下の方法を示しています。

  • Cloud Bigtable インスタンスに接続する
  • 新しいテーブルを作成する
  • テーブルにデータを書き込む
  • そのデータを読み取る
  • テーブルを削除する

サンプルの実行

この例では C++ 用 Google Cloud クライアント ライブラリCloud Bigtable パッケージを使用して、Cloud Bigtable と通信します。

このサンプル プログラムを実行するには、GitHub にある手順に従ってください。

Cloud Bigtable での Cloud クライアント ライブラリの使用

このサンプル アプリケーションは Cloud Bigtable に接続して、いくつかの単純なオペレーションを行います。

クライアント ライブラリのインストールとインポート

GitHub から Cloud Bigtable C++ クライアント ライブラリをダウンロードするかクローンを作成して、コンパイルします。最上位の README に記載されているコンパイラの操作手順に従います。

必須のヘッダーを含めます。

#include "google/cloud/bigtable/table.h"
#include "google/cloud/bigtable/table_admin.h"

Cloud Bigtable への接続

TableAdmin.CreateDefaultAdminClient() を使用して、テーブルの作成に使用する管理クライアントを作成します。

cbt::TableAdmin table_admin(
    cbt::CreateDefaultAdminClient(project_id, cbt::ClientOptions()),
    instance_id);

テーブルの作成

1 つの列ファミリーを含むテーブルのスキーマを定義します。列ファミリーのガベージ コレクション ルールを設定して、各値に最大で 1 つのバージョンが保持されるようにします。このスキーマに従い、TableAdmin.CreateTable() を使用してテーブル オブジェクトをインスタンス化します。次に、テーブルにデータを格納する際や、テーブルからデータを取得する際に使用するデータ クライアントを作成します。

// Define the desired schema for the Table.
cbt::GcRule gc_rule = cbt::GcRule::MaxNumVersions(1);
cbt::TableConfig schema({{"family", gc_rule}}, {});

// Create a table.
StatusOr<google::bigtable::admin::v2::Table> returned_schema =
    table_admin.CreateTable(table_id, schema);

// Create an object to access the Cloud Bigtable Data API.
cbt::Table table(cbt::CreateDefaultDataClient(project_id, instance_id,
                                              cbt::ClientOptions()),
                 table_id);

テーブルへの行の書き込み

グリーティング文字列のリストをループ処理して、テーブルに新しい行をいくつか作成します。それぞれのイテレーションの中で、SingleRowMutation() を使用して 1 行を定義し、それに行キーと値を割り当てます。次に、Table.Apply() を呼び出して、行にミューテーションを適用します。

std::vector<std::string> greetings{"Hello World!", "Hello Cloud Bigtable!",
                                   "Hello C++!"};
int i = 0;
for (auto const& greeting : greetings) {
  // Each row has a unique row key.
  //
  // Note: This example uses sequential numeric IDs for simplicity, but
  // this can result in poor performance in a production application.
  // Since rows are stored in sorted order by key, sequential keys can
  // result in poor distribution of operations across nodes.
  //
  // For more information about how to design a Bigtable schema for the
  // best performance, see the documentation:
  //
  //     https://cloud.google.com/bigtable/docs/schema-design
  std::string row_key = "key-" + std::to_string(i);
  google::cloud::Status status = table.Apply(cbt::SingleRowMutation(
      std::move(row_key), cbt::SetCell("family", "c0", greeting)));

  if (!status.ok()) {
    throw std::runtime_error(status.message());
  }
  ++i;
}

フィルタの作成

書き込んだデータを読み取る前に、Filter.ColumnRangeClosed() を使用して、Cloud Bigtable から返されるデータを制限するフィルタを作成します。このフィルタは、まだガベージ コレクションされていない古いバージョンがテーブルに含まれる場合でも、各値の最新バージョンのみを返すように Cloud Bigtable に指示します。

cbt::Filter filter = cbt::Filter::ColumnRangeClosed("family", "c0", "c0");

キーによる行の読み取り

Table.ReadRow() 関数を呼び出して行キーとフィルタを渡し、その行に含まれる値ごとに 1 つのバージョンを取得します。

StatusOr<std::pair<bool, cbt::Row>> result = table.ReadRow("key-0", filter);
if (!result) {
  throw std::runtime_error(result.status().message());
}
if (!result->first) {
  std::cout << "Cannot find row 'key-0' in the table: " << table.table_name()
            << "\n";
  return 0;
}
cbt::Cell const& cell = result->second.cells().front();
std::cout << cell.family_name() << ":" << cell.column_qualifier() << "    @ "
          << cell.timestamp().count() << "us\n"
          << '"' << cell.value() << '"' << "\n";

すべての行のスキャン

Table.ReadRows() を使用して、テーブルから特定の範囲の行を読み取ります。

for (StatusOr<cbt::Row> const& row : table.ReadRows(
         cbt::RowRange::InfiniteRange(), cbt::Filter::PassAllFilter())) {
  if (!row) {
    throw std::runtime_error(row.status().message());
  }
  std::cout << row->row_key() << ":\n";
  for (cbt::Cell const& cell : row->cells()) {
    std::cout << "\t" << cell.family_name() << ":" << cell.column_qualifier()
              << "    @ " << cell.timestamp().count() << "us\n"
              << "\t\"" << cell.value() << '"' << "\n";
  }
}

テーブルの削除

DeleteTable() を使用してテーブルを削除します。

google::cloud::Status status = table_admin.DeleteTable(table_id);
if (!status.ok()) {
  throw std::runtime_error(status.message());
}

すべてを組み合わせる

コメントなしの例を以下に示します。



#include "google/cloud/bigtable/table.h"
#include "google/cloud/bigtable/table_admin.h"
#include <iostream>

int main(int argc, char* argv[]) try {
  if (argc != 4) {
    std::string const cmd = argv[0];
    auto last_slash = std::string(cmd).find_last_of('/');
    std::cerr << "Usage: " << cmd.substr(last_slash + 1)
              << " <project_id> <instance_id> <table_id>\n";
    return 1;
  }

  std::string const project_id = argv[1];
  std::string const instance_id = argv[2];
  std::string const table_id = argv[3];

  namespace cbt = google::cloud::bigtable;
  using google::cloud::StatusOr;

  cbt::TableAdmin table_admin(
      cbt::CreateDefaultAdminClient(project_id, cbt::ClientOptions()),
      instance_id);

  cbt::GcRule gc_rule = cbt::GcRule::MaxNumVersions(1);
  cbt::TableConfig schema({{"family", gc_rule}}, {});

  StatusOr<google::bigtable::admin::v2::Table> returned_schema =
      table_admin.CreateTable(table_id, schema);

  cbt::Table table(cbt::CreateDefaultDataClient(project_id, instance_id,
                                                cbt::ClientOptions()),
                   table_id);

  std::vector<std::string> greetings{"Hello World!", "Hello Cloud Bigtable!",
                                     "Hello C++!"};
  int i = 0;
  for (auto const& greeting : greetings) {
    std::string row_key = "key-" + std::to_string(i);
    google::cloud::Status status = table.Apply(cbt::SingleRowMutation(
        std::move(row_key), cbt::SetCell("family", "c0", greeting)));

    if (!status.ok()) {
      throw std::runtime_error(status.message());
    }
    ++i;
  }

  cbt::Filter filter = cbt::Filter::ColumnRangeClosed("family", "c0", "c0");

  StatusOr<std::pair<bool, cbt::Row>> result = table.ReadRow("key-0", filter);
  if (!result) {
    throw std::runtime_error(result.status().message());
  }
  if (!result->first) {
    std::cout << "Cannot find row 'key-0' in the table: " << table.table_name()
              << "\n";
    return 0;
  }
  cbt::Cell const& cell = result->second.cells().front();
  std::cout << cell.family_name() << ":" << cell.column_qualifier() << "    @ "
            << cell.timestamp().count() << "us\n"
            << '"' << cell.value() << '"' << "\n";

  for (StatusOr<cbt::Row> const& row : table.ReadRows(
           cbt::RowRange::InfiniteRange(), cbt::Filter::PassAllFilter())) {
    if (!row) {
      throw std::runtime_error(row.status().message());
    }
    std::cout << row->row_key() << ":\n";
    for (cbt::Cell const& cell : row->cells()) {
      std::cout << "\t" << cell.family_name() << ":" << cell.column_qualifier()
                << "    @ " << cell.timestamp().count() << "us\n"
                << "\t\"" << cell.value() << '"' << "\n";
    }
  }

  google::cloud::Status status = table_admin.DeleteTable(table_id);
  if (!status.ok()) {
    throw std::runtime_error(status.message());
  }

  return 0;
} catch (std::exception const& ex) {
  std::cerr << "Standard C++ exception raised: " << ex.what() << "\n";
  return 1;
}
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント