ヒートマップの確認

このページでは、Key Visualizer スキャンのヒートマップを分析して、Cloud Bigtable のパフォーマンスの問題の原因を特定する方法について説明します。

このページを読む前に、Key Visualizer の概要を理解しておく必要があります。

診断メッセージを確認する

Key Visualizer が Cloud Bigtable の使用パターンで問題を特定すると、Key Visualizer のヒートマップの上に診断メッセージが表示されます。診断メッセージをクリックすると、問題の詳細情報が表示されます。

診断メッセージの説明については、Key Visualizer 診断メッセージをご覧ください。

明るさを調整する

Key Visualizer のヒートマップでは、正常な値や低い値が暗い色で表示され、高い値が明るい色で表示されます。ヒートマップの色が明るすぎたり、暗すぎたりすると、指標の重要なパターンが見づらくなります。

Key Visualizer の大半の指標は、対象テーブル全体の使用状況に基づいて値の高低が設定されます。たとえば、特定の行範囲で 1 秒間に 20 回の読み取りが実行され、他の行範囲で 1 秒間に 1 回の読み取りが実行された場合、Cloud Bigtable では 1 秒間に 20 回の読み取りは低い数値になりますが、Key Visualizer はこの行範囲を明るい色で表示します。警告指標パフォーマンス指標は例外で、これらの指標が明るい色で表示された場合、Key Visualizer が潜在的な問題を特定していることを示します。

これらの値の色は、[Adjust Brightness] brightness_6 アイコンの隣にある + / - ボタンで調整します。明るくすると、各色で表す値の範囲が狭くなります。暗くすると、値の範囲が広くなります。

特定の期間と行キーの範囲をズームインする

ヒートマップを開くと、スキャンに含まれる期間全体の値と、テーブルの行キーの全体が表示されます。特定の期間や行キーの特定の範囲に問題があることが特定できた場合、その箇所をズームインして、より詳しく調査を行うことができます。

ズームインまたはズームアウトには、いくつかの方法があります。

  • ヒートアップを上または下にスクロールします。
  • [Rectangular Zoom] crop ボタンをクリックして、クリックとドラッグで拡大領域を選択します。
  • Shift キーを押しながら、クリックとドラッグで拡大領域を選択します。
  • Backspace または Delete キーを押すと、ヒートマップの前の領域に戻ります。
  • [Reset Zoom] zoom_out_map ボタンをクリックするか R キーを押すと、ズームアウトしてテーブル全体が表示されます。

行キーの接頭辞を使用してドリルダウンする

多くの場合、行キーは値の階層から構成され、それぞれの値が区切り文字で区切られています。たとえば、行キー memusage#1423523569918 には、メモリ使用状況をキャプチャするすべての行を表す ID と、グループ内の特定のデータセットを表すタイムスタンプから構成されています。Key Visualizer は、このような行キーを自動的に認識して階層に分割します。これにより、行キーの特定の範囲のデータをすばやくドリルダウンできます。

ヒートマップのデータをドリルダウンして、共通の接頭辞を持つ行キーのグループを表示するには:

  1. ヒートマップの左側に表示される行キー階層のレベルの 1 つにカーソルを移動します。

    Key Visualizer で、この階層レベルを表すヒートマップの領域がハイライトされます。このレベルの行キーのキー接頭辞も表示されます。

    行キーのグループでハイライトされたヒートマップの領域

  2. 調査する行キーの階層レベルをクリックします。

    Key Visualizer で、この階層レベルにズームインします。

    行キーの階層レベルでズームイン

  3. 行キーの別の階層レベルをクリックしてさらにズームインするか、Backspace または Delete キーを押して前の領域に戻ります。

指標の詳細情報を固定する

Key Visualizer でヒートマップの上にカーソルを移動すると、カーソルが指している指標の詳細を含むツールチップが表示されます。ヒートマップをクリックするとこのツールチップを固定できます。固定されたツールチップには、指標の詳細が表示されます。ツールチップを固定すると、ツールチップのスクリーンショット撮影やツールチップの情報のコピーを簡単にできます。

指標を切り替える

デフォルトでは、Key Visualizer スキャンを開くと Ops 指標が表示され、テーブルの使用パターンの概要を確認できます。ヒートマップの上にある [Metric] プルダウン リストをクリックして必要な指標をクリックすると、別の指標に切り替えることができます。リストの項目が無効になっている場合、指標の値が常に 0 になっています。

各指標の説明については、Key Visualizer の指標をご覧ください。

複数の指標間の関係の探索

指標を比較したり指標間の相関関係を探したりする場合は、Key Visualizer で複数の指標を同時に表示できます。たとえば、Ops ヒートマップのホットスポットとレイテンシ ヒートマップのいずれかのホットスポットに相関があるかどうかを確認できます。相関がある場合は、キーバケット内のオペレーション数によりレイテンシが増大します。

複数の指標とその値を同時に表示するには、右上の Multimetric 指標をクリックします。指標のリストがスキャンの右側のペインに表示されます。

[multimetric] ペインでのスキャンの表示例

複数の指標を一度に調べるには、[multimetric] ペインで次のツールを使用します。

  • すべての指標のミニチュア ヒートマップを表示または非表示にするには、右上の [Expand All] または [Collapse All] をクリックします。

  • 個々の指標のヒートマップを表示するには、指標名をクリックします。

  • 個々の指標のヒートマップを非表示にするには、指標名を再度クリックします。

  • 指標のヒートマップをメイン ウィンドウに表示するには、指標のタイトルバーの左端にある実線の矢印をクリックします。

    左矢印はメイン ウィンドウの指標を指示

  • ミニチュア ヒートマップにカーソルを合わせると、対応するアクティビティがメインビューに表示されます。

キーバケットの同一時点での複数の指標を比較するには、スキャンで値を固定してから同一時点の別の指標に切り替えます。

  1. メイン ウィンドウに表示されている大きなヒートマップで、関心のある部分を指定します。
  2. クリックするとツールチップが固定されます。横のペインの値が、そのキーバケットの指定した時点の値に固定されます。
  3. 大きなヒートマップに指標を表示するには、その指標の左にある実線の矢印をクリックします。メイン ウィンドウのツールチップにその指標の詳細が表示されます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント