GKE 用 Google Cloud のオペレーション スイートの概要

Google Kubernetes Engine(GKE)には、Cloud Monitoring および Cloud Logging とのネイティブ統合が含まれています。GKE クラスタを作成すると、GKE 用 Cloud Operations がデフォルトで有効になり、Kubernetes 専用のモニタリング ダッシュボードが使用できるようになります。

GKE 用 Cloud Operations で、Cloud Logging がアプリケーション ログを収集するかどうかを制御できます。また、Cloud Monitoring と Cloud Logging の統合を完全に無効にすることもできます。インストール手順の詳細については、GKE 用 Cloud Operations のサポートのインストールをご覧ください。

GKE 用 Cloud Operations の概要

GKE 用 Cloud Operations は、GKE クラスタをモニタリングするように設計されています。また、Monitoring と Logging の両方のサービスを管理し、GKE クラスタ用にカスタマイズされたインターフェースを提供する GKE 用 Cloud Operations ダッシュボードを備えています。

  • 概要ペインには、CPU 使用率、メモリ使用量、対応待ちのインシデント数など、クラスタの重要な指標を表示できます。

  • インフラストラクチャ、ワークロード、サービスごとにクラスタを表示できます。

  • Namespace、ノード、ワークロード、Service、Pod、コンテナを調査できます。

  • Pod とコンテナの場合、時間の関数として指標を表示できます、また、ログビューアでログエントリを確認できます。

モニタリングとロギングのオプションの使用について

デフォルトの GKE 用 Cloud Operations ダッシュボードまたは、オプトインにより以前の Logging と Monitoring を使用できます。いずれのオプションも GKE バージョン 1.12.7 以降で一般提供されています。次の点にご注意ください。

  • GKE バージョン 1.14 以降では、GKE 用 Cloud Operations がデフォルトのオプションになります。

  • 以前の Logging と Monitoring も一般的なオプションですが、GKE 用 Cloud Operations の機能と改善点は利用できません。

  • 以前の Logging と Monitoring に限り、Cloud Monitoring を使用しながら Cloud Logging を無効にできます。

GKE 用 Google Cloud のオペレーション スイートのサポートの選択

以前の Logging と Monitoring を使用している場合は、これらのサポートを削除する前に、GKE 用 Cloud Operations に切り替える必要があります。GKE 1.15 以降、以前の Logging と Monitoring はサポートされなくなります。GKE バージョン間の互換性の詳細は、次の表をご覧ください。

GKE バージョン 以前の Logging と Monitoring GKE 用 Cloud オペレーション
1.10~1.12.5 デフォルト オプトイン(ベータ版)
1.12.7 デフォルト 任意
1.13 デフォルト 任意
1.14 任意 デフォルト
1.15 利用不可 デフォルト

Legacy Logging と Monitoring の非推奨については、GKE の非推奨に対するレガシー サポートガイドをご覧ください。

料金

GKE 用 Cloud Operations は、収集されたログと指標に基づいて課金されます。詳細については、料金のページをご覧ください。

GKE 用 Cloud Operations 入門ガイド

  • GKE 用 Cloud Operations のインストール: 新規および既存のクラスタで GKE 用 Cloud Operations を有効にする方法について説明しています。

  • GKE 用 Cloud Operations への移行: 以前の Logging および Monitoring と GKE 用 Cloud Operations との違いや、モニタリングとロギングの統合の更新の一環として Google Cloud のオペレーション スイートの構成の変更すべき点を説明しています。

  • システムの概要: GKE 用 Cloud Operations ダッシュボードのインターフェース、クラスタ情報の整理方法、アラートの詳細の表示方法について説明しています。

  • auditd ログの有効化: GKE クラスタノードで、詳細な OS レベルの監査ロギングを有効にする方法と、Cloud Logging にログをエクスポートする方法について説明しています。

  • Prometheus の使用: この機能はオプションです。Prometheus 用に GKE 用 Cloud Operations を構成する方法について説明しています。

以前の Logging と Monitoring の入門ガイド

  • 以前の Cloud Monitoring: GKE クラスタ用に Cloud Monitoring のレガシー ソリューションを設定する方法を説明しています。

  • 以前の Cloud Logging: GKE クラスタ用に Cloud Logging のレガシー ソリューションを設定する方法を説明しています。