Cloud Source Repositories

Google Cloud Platform でホストされている複数のプライベート Git レポジトリ

無料トライアル ドキュメントを読む

Git 上でのコラボレーション開発

Google Cloud Source Repositories には、Google App Engine や Google Compute Engine 上で動作するものなど、あらゆるアプリケーションやサービスのコラボレーション開発をサポートするための Git バージョン コントロールが用意されています。Stackdriver Debugger を使用している場合は、Cloud Source Repositories と関連ツールを使用して、アプリケーションの実行中にコードと一緒にデバッグ情報を表示することができます。Cloud Source Repositories には、Cloud Console 内からレポジトリ ファイルを表示できるソースブラウザもあります。

複数のプライベート Git レポジトリ

Cloud Source Repositories では、プライベート Git レポジトリをいくつでも持つことができ、お客様に最適な方法でクラウド プロジェクトに関連付けられているコードを整理することができます。

Cloud Diagnostics と統合

Debugger や Error Reporting のような Cloud Platform 診断ツールでは、Git レポジトリのコードを利用できるため、ユーザーの作業を遅延させることなく、デプロイしたコードにおける特定のエラーまで問題を追跡することができます。

GitHub レポジトリや Bitbucket レポジトリに接続

GitHub レポジトリや Bitbucket レポジトリにコードがすでにある場合は、そのコードを Cloud Platform プロジェクトに取り込んで、ブラウジングや診断などの他のレポジトリと同じように使用することができます。

ソースコード ブラウザ

ソースコード ブラウザを使用すれば Cloud Console から移動することなく、ブランチ、commit、タグごとにレポジトリ ファイルを表示することができます。

Cloud Source Repositories の特長

Google がホストするレポジトリ
Cloud Source Repositories は、Cloud Platform でホストされている、すべての機能を備えたプライベート Git レポジトリです。レポジトリを Git リモートとして設定します。ワークフローで必要な他の Git オペレーションの pull や push、クローン作成、ログ記録、実行ができます。
接続されたレポジトリ
Cloud Source Repositories を GitHub や Bitbucket でホストされているレポジトリに接続できます。接続したレポジトリに変更を push すると、その変更は Cloud Platform レポジトリと自動的に同期されます。
ソースブラウザ
Cloud Source Repositories には、Cloud Console 内からレポジトリ ファイルを表示できるソースブラウザもあります。
Stackdriver Debugger
Cloud Source Repositories は、Stackdriver Debugger と連携することで、Google Cloud Platform で実行されているアプリケーションの状態を検査できます。アプリケーションを止める必要はなく、処理速度も低下しません。
信頼性の高いストレージ
Cloud Source Repositories は、複数のデータセンターで地理的に分散した、高度に複製されたバックエンド ストレージ システムに配置され、信頼性が確立されたインフラストラクチャで実行されます。

Cloud Source Repositories の料金

詳しくは、Cloud Source Repositories の料金をご覧ください。

無料の階層 超過料金
5 ユーザーまで 5 プロジェクト ユーザーを超えるとプロジェクト ユーザーあたり $1/月
50 GB ストレージ GB ストレージあたり $0.10/月
50 GB(下り) GB(下り)あたり $0.10/月
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている料金の通貨が適用されます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。