特徴

Google Cloud Source Repositories は、Google Cloud Platform 上でホストされる多機能のプライベート Git リポジトリです。

App EngineCompute Engine 上で動作するものなど、あらゆるアプリケーションやサービスのコラボレーション開発に Cloud Source Repositories を使用できます。Debugger を使用している場合、Cloud Source Repositories と関連ツールを Console で使用して、アプリケーションのランタイム時にコードとともにデバッグ情報を表示できます。

Git リポジトリの知識があれば、Cloud Source Repositories の使用は簡単です。たとえば、Cloud Source Repositories をリモートとしてローカル Git リポジトリに追加したり、GitHub や Bitbucket 上でホストされるリポジトリに接続したりすることができます。ローカル リポジトリから、pushpullclonelog など、クラウド内のリポジトリとやり取りするための Git コマンドの標準セットを使用できます。

複数のリポジトリ

ひとつの Cloud Platform プロジェクトに対して複数のリポジトリを作成できるので、クラウド プロジェクトに関連付けられたコードを、可能な限り最も効果的な形で整理できます。

接続されたリポジトリ

既存の GitHub リポジトリまたは Bitbucket リポジトリを Cloud Source Repositories に接続できます。接続されたリポジトリは、自動的に Cloud Source Repositories と同期されます。

エディタのサポート

Cloud Source Repositories 内のレポジトリは Git リポジトリであるため、任意のエディタを引き続き使用してコードを編集できます。より統合されたエクスペリエンスについては、以下のトピックをご覧ください。

ソースブラウザ

Cloud Source Repositories には、Console 内からリポジトリ ファイルを表示するために使用できるソースブラウザも用意されています。

ソースブラウザ

自動ロギング

Cloud Source Repositories はログを自動的に Stackdriver Logging へ送信するため、データアクセスの追跡とトラブルシューティングに役立ちます。

リポジトリにおけるアクティビティをロギングすることにより、最近のリポジトリ同期アクティビティのログ、作成、削除、権限変更などの管理アクション、他のユーザーによるリポジトリ アクセスを確認できます。さらに、リポジトリ同期中にエラーが記録されたときアラートが送られてくるように通知設定を構成できます。

ロギングでのログエントリの読み書きに関する詳細は、このクイックスタートを参照してください。ログのストレージを管理するための可能な課金の構成については、Stackdriver の料金をご覧ください。

セキュリティ キーの検出

Cloud Source Repositories では、機密情報を含む git push トランザクションをブロックするためにセキュリティ キー検出を使用できます。これは、ソースコードのセキュリティを向上させるための機能です。この機能を有効にすることをおすすめします。詳細については、セキュリティ キーの検出をご覧ください。

エンドユーザー データ

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories