Cloud Source Repositories の使用

Cloud Code では、Cloud Source Repositories に新しいプロジェクトを追加し、既存のプロジェクトをチェックアウトできます。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

ソースコードのアップロード

Cloud Code から Cloud Source Repositories にコードをアップロードします。

  1. Cloud Source Repositories に追加するプロジェクトを開きます。

  2. [VCS]、[Import into Version Control]、[Setup on Google Cloud Source Repositories] の順に選択します。

    [Setup on Cloud Source Repositories] のメニュー オプションへのナビゲーションを示すスクリーンショット

  3. ダイアログでプルダウン メニューを使用して、プロジェクトに関連付けられている Cloud プロジェクトを選択します。

  4. プルダウン メニューを使って Cloud リポジトリを選択します。

    1. リポジトリがない場合、または新しいリポジトリを作成する場合は、[Create a new cloud repository] をクリックします。

    2. Google Cloud Console の新しいブラウザ ウィンドウが開きます。ここで、新しいリポジトリを作成できます。

      Cloud Source Repositories にコードをアップロードするためのフィールドを示すスクリーンショット

  5. デフォルトでは、リモート名は自動設定されます。[New Remote Name] フィールドに別の名前を指定することもできます。

  6. [アップロード] をクリックします。

ソースファイルの参照

ソースコードをアップロードした後、Google Cloud Console でコードを参照します。

  1. Google Cloud Console で、ソースコードが含まれているプロジェクトを選択します。

  2. 左側のナビゲーション バーの [ツール] セクションで、[開発] > [ソース リポジトリ] を選択します。

ソースコードのチェックアウト

Cloud Source Repositories からソースコードをチェックアウトする手順は次のとおりです。

  1. [VCS] > [Get from Version Control] を選択します。

  2. [Version Control] プルダウンから [Google Cloud] を選択し、[Clone] をクリックします。
  3. [Clone from Google Cloud] ダイアログで、プロジェクトに関連付けられている Cloud プロジェクトを選択します。
  4. [Cloud Repository] を選択します。
  5. [Parent Directory] を選択します。
  6. [Directory Name] を入力します。
  7. [Clone] をクリックします。

また、[Welcome] 画面からチェックアウトすることもできます。それには、[Get from Version Control] を選択し、[バージョン管理] プルダウンから [Google Cloud] を選択します。これにより、[Clone from Google Cloud] ダイアログが表示されます。

サポートの利用

IntelliJ IDE でフィードバックを送信するか、問題を報告するには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [Submit feedback or report an issue] を選択します。ここから、GitHub で問題を報告したり、Stack Overflow で質問したりできます。

また、Google Cloud Slack コミュニティの 1 つである、#cloud-code チャンネルにも参加できます。