Cloud Source Repositories の管理

このドキュメントでは、Visual Studio 内から Cloud Source Repositories を管理する方法について説明します。

始める前に

  • プロジェクトの Cloud Source Repositories へのアクセスを有効にします。

    • 複数のプロジェクトがある場合は、タイトルバーのプルダウン メニューから適切なプロジェクトを選択します。
  • Git for Windows をインストールしていない場合はインストールします。

  • ローカル ターミナルで次のコマンドを実行して、Git Credential Manager for Windows がインストールされていることを確認します。

    git credential-manager version
    

Cloud Source Repositories へのアクセス

Cloud Source Repositories にアクセスするには、[チーム] > [接続の管理] を選択します。

使用可能なリポジトリのリストが表示されたチーム エクスプローラー ウィンドウの画面

リポジトリのリストがチーム エクスプローラーに表示されます。

初めてのユーザーの場合、このリストはリポジトリのクローンを作成するまで空になっています。

リポジトリの作成またはクローンの作成

チーム エクスプローラーで、[Clone or Create] をクリックして [Clone Google Cloud Source repository] ダイアログを開き、新しいリポジトリを作成するか、既存のリポジトリのクローンをローカルマシンに作成できます。

プロジェクトとリポジトリを選択するフィールドが表示されたダイアログ ボックス。[Add new] ボタンを使用すると、新しいリポジトリを作成できます。このダイアログには、ソースコードのクローンを作成するパスを入力するフィールドもあります。[Browse] ボタンを使用すると、入力する代わりにファイル エクスプローラー ウィンドウを開いて、クローンを作成するロケーションに移動できます。

新しいリポジトリを作成するには:

  1. [Clone or Create] をクリックします。

  2. [Project] プルダウン メニューから Google Cloud Platform プロジェクトを選択します。

  3. [Add new] をクリックします。

    [Add a new repository] ダイアログが表示されます。

  4. リポジトリ名を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

既存のリポジトリのクローンを作成するには:

  1. [Clone or Create] をクリックします。

  2. [Project] プルダウン メニューから Google Cloud Platform プロジェクトを選択します。

  3. [Repository] プルダウン メニューからリポジトリを選択します。

  4. [Clone to] フィールドに、ソースコードのクローンを作成するロケーションを入力します。

    1. または、[Browse] をクリックしてファイル エクスプローラーを開き、そのロケーションに移動することもできます。
  5. [Clone] をクリックします。

    指定したロケーションにソースコードのクローンが作成され、クローンの作成元のリポジトリがチーム エクスプローラーに表示されます。

Git タスクの実行

  • Visual Studio 内からすべての git タスクを実行できます。これらのタスクの詳細については、Git のリファレンス ガイドをご覧ください。

  • これらの git コマンドは、shell から実行することもできます。