リポジトリをリモートとして追加する

Google Cloud Source Repositories を使用すると、GCP リポジトリをリモートとして Git リポジトリに追加できます。

準備

  1. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  2. Git をインストールします。
  3. Cloud SDK をインストールして初期化します。

リポジトリをリモートとして追加する

  1. 現在の作業ディレクトリを、ローカル Git リポジトリを含むディレクトリに変更します。

    cd [REPO_DIRECTORY]
    
  2. Linux または macOS で、以下の認証情報ヘルパー スクリプトを実行します。

    git config --global credential.'https://source.developers.google.com'.helper gcloud.sh

    Windows の場合:

    git config --global credential.https://source.developers.google.com.helper gcloud.cmd

    認証情報ヘルパー スクリプトは、Git が Google アカウント認証情報を使用して Cloud Source Repositories に安全に接続するために必要な情報を提供します。この安全な接続を確立するために追加の構成(ssh 認証鍵のアップロードなど)を行う必要はありません。

    認証情報ヘルパー スクリプトを機能させるには、gcloud コマンドライン ツールが $PATH に含まれている必要があります。

  3. Cloud Source Repositories でリポジトリを作成します。

    gcloud source repos create [CLOUD_SOURCE_REPOSITORY_NAME]
  4. リポジトリをリモートとして追加します。

    git remote add google \
    https://source.developers.google.com/p/[PROJECT_ID]/r/[CLOUD_SOURCE_REPOSITORY_NAME]

リポジトリをリモートとして使用する

GCP リポジトリは多機能な Git リポジトリです。Git コマンドの標準セットを使用して、pushpullclonelog などのリポジトリとやり取りできます。

GCP リポジトリに push する

ローカル Git リポジトリから GCP リポジトリに push するには:

git push google master

GCP リポジトリから pull する

GCP リポジトリからローカル Git リポジトリに pull するには:

git pull google master

GCP リポジトリの commit 履歴を表示する

commit 履歴を表示するには:

git log google/master

静的な資格情報を生成する

Cloud SDK にアクセスできない場合があります。たとえば、これらのツールにアクセスできないビルドサーバー上で作業している場合です。このような状況では、静的な認証情報を手動で生成できます。

  1. Console で、Cloud Source Repositories を開きます。

    Cloud Source Repositories を開く

  2. クローン作成するリポジトリにカーソルを合わせます。

  3. プラス(+)アイコンをクリックします。

    [リポジトリのクローンの作成] 画面が開きます。

  4. 優先する認証方法を manually generated credentials に変更します。

  5. 手順に沿って、生成された認証情報を使用します。

次のステップ

ソースファイルを Cloud Source Repositories に push したら、Google Cloud Platform Console からリポジトリ ファイルを表示できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories