ソースブラウザを使用する

ソースブラウザは、レポジトリ ファイルの操作に使用できる Cloud ソース レポジトリの機能です。

ソースブラウザを開く

ソースブラウザを使用する前に、プロジェクトに Cloud ソース レポジトリを設定する必要があります。

ソースブラウザを開くには、GCP Console でプロジェクトのソース表示に移動します。ソースブラウザで、最新の commit レベルのレポジトリ コンテンツがディレクトリ表示されます。

ブランチ、タグ、commit ごとにファイルを閲覧する

ソースエディタでは、ブランチ、タグ、commit ごとにファイルを閲覧できます。

ディレクトリ表示内で次のいずれかを行います。

  • ブランチまたはタグごとにファイルを表示するには、ディレクトリ表示の上のセレクタをクリックし、表示するブランチまたはタグを選択します。

  • commit ごとにファイルを表示するには、[最近の commit] 一覧の commit ID をクリックします。

注: ソースブラウザを使用してブランチを作成または管理することはできません。ブランチの作成や管理には、Git とレポジトリのローカル クローンを使用する必要があります。詳細は、Cloud ソース レポジトリをリモートして使用を参照してください。

ファイル コンテンツの表示

ディレクトリ表示で、コンテンツを表示するファイルの名前をクリックします。

ファイルの差分を表示

ソースブラウザでは、開いたファイルと以前に commit したバージョンとの差分を表示することができます。この差分を表示するには、[差分の対象] セレクタから以前の commit を選択します。差分レポートが表示され、2 つのバージョンを比較することができます。

ファイルの commit 履歴を表示

[Commit 履歴] ボタン レポジトリ ファイルの表示 をクリックして、ファイル表示でファイルの commit 履歴を表示できます。

commit 履歴から特定の commit でのファイルの内容を表示できます。また、ある commit でのファイルとレポジトリ ヘッドとの差分を表示できます。

フィードバックを送信...

Cloud ソース レポジトリ