ソースブラウザを使用する

ソースブラウザは、レポジトリ ファイルの操作に使用する Google Cloud Source Repositories の機能です。

ソースブラウザを開く

ソースブラウザを使用するには、プロジェクトのレポジトリをセットアップする必要があります。

ソースブラウザを開くには、GCP Console でプロジェクトのソース表示に移動します。ソースブラウザに、最新の commit レベルのレポジトリ コンテンツがディレクトリ表示されます。

ブランチ、タグ、commit ごとにファイルを閲覧する

ソースブラウザでは、ブランチ、タグ、commit ごとにファイルを閲覧できます。

ディレクトリ表示内で次のいずれかを行います。

  • ブランチまたはタグごとにファイルを表示するには、ディレクトリ表示の上のセレクタをクリックし、表示するブランチまたはタグを選択します。

  • commit ごとにファイルを表示するには、[最近の commit] 一覧の commit ID をクリックします。

注: ソースブラウザを使用してブランチを作成または管理することはできません。ブランチの作成や管理には、Git とレポジトリのローカル クローンを使用する必要があります。詳細については、レポジトリをリモートとして追加をご覧ください。

ファイル コンテンツの表示

ディレクトリ表示で、コンテンツを表示するファイルの名前をクリックします。

ファイルの差分を表示

ソースブラウザでは、開いたファイルと以前に commit したバージョンとの差分を表示することができます。この差分を表示するには、[差分の対象] セレクタから以前の commit を選択します。差分レポートが表示され、2 つのバージョンを比較することができます。

ファイルの commit 履歴を表示

[Commit 履歴] ボタン レポジトリ ファイルの表示 をクリックすると、ファイル表示でファイルの commit 履歴を表示できます。

Commit 履歴から、特定の commit 時点のファイルの内容を表示するか、commit 時点のファイルとレポジトリ ヘッドの違いを表示するかを選択できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories