空のリポジトリの作成

Google Cloud Source Repositories を使用すると、新しい空のリポジトリを作成できます。これは、プロジェクトを開始したばかりの場合や、Cloud Source Repositories を使用してバックアップする既存の Git リポジトリが存在する場合に便利です。

新しいリポジトリを作成

新しいリポジトリを作成するには:

Console

  1. Console で、Cloud Source Repositories を開きます。

Cloud Source Repositories を開く

  1. 右上にある [リポジトリを追加] をクリックします。

    [新しいリポジトリ] 画面が開きます。

  2. [新しいリポジトリの作成] を選択します。

  3. [続行] をクリックします。

    [新しいリポジトリの作成] 画面が開きます。

  4. 新しいリポジトリの名前を [リポジトリ名] ボックスに入力します。

  5. リポジトリが属する GCP プロジェクトを [プロジェクト] リストから選択します。

    新しいプロジェクトを作成するには、[プロジェクトを作成] をクリックします。

  6. [作成] をクリックします。

リポジトリを作成した後に、新しい画面が開きます。この画面には、ローカルマシンにリポジトリのクローンを作成したり既存のリポジトリからコードを push したりする方法の手順が表示されます。

gcloud

コマンドラインから以下を呼び出します。

gcloud init
gcloud source repos create REPO_NAME

プロジェクトの作成

すべてのリポジトリは GCP プロジェクトに属している必要があります。リポジトリのための既存プロジェクトがない場合は、[新しいリポジトリ] 画面から作成できます。

新しいプロジェクトを作成するには:

  1. [新しいリポジトリ] 画面で、新しいリポジトリの名前を入力します。

  2. [プロジェクトを作成] をクリックします。

    [クラウド プロジェクトの作成] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. 新しいプロジェクトの名前を [プロジェクト名] ボックスに入力します。

  4. [プロジェクト ID] ボックスで、生成されたプロジェクト ID を承諾するか、新しいプロジェクト ID を入力します。

  5. 請求先アカウントを [請求先アカウント] リストから選択します。

    新しい請求先アカウントを作成するには、[請求先アカウントを作成] をクリックします。

  6. [作成] をクリックします。

新しいリポジトリを作成し続けることができます。

次のステップ

Cloud Source Repositories に新しいリポジトリが作成されたので、次にコードを追加します。次のいずれかのことができます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories