非推奨になったサードパーティ統合の移行ガイド

Cloud Monitoring は、サードパーティ アプリケーションのモニタリングの統合を提供していますが、これらの統合の一部は非推奨になりました。どの統合が廃止されたかについては、サードパーティの統合に関するサポート終了ガイドをご覧ください。

このガイドでは、Monitoring パートナー Blue Medora が提供するソリューション BindPlane にこれらの統合を移行する手順について説明します。

Cloud Monitoring は BindPlane を追加料金なしでお客様に提供していますが、BindPlane によって収集された指標は標準の カスタム指標料金で課金されます。このような追加消費に対する費用については、費用の管理をご覧ください。

サードパーティ統合用のプラグインのアンインストール

各ホストにログインし、各プラグイン インスタンスの構成を削除して、サードパーティ統合のプラグインをアンインストールします。各構成ファイルの名前を確認するには、サードパーティ アプリケーションの対応するページをご覧ください。

BindPlane 統合のインストール

以降のセクションで、Cloud Monitoring を使用した BindPlane のインストールと構成について詳しく説明します。

BindPlane アカウントの作成

開始するには、BindPlane でアカウントを作成します。アカウント確認メッセージが届いたら、残りの手順を進めます。

BindPlane を Cloud Monitoring に接続する

Monitoring に接続するには、宛先を追加してください。この場合、宛先は Stackdriver です。Monitoring アカウントと BindPlane のリンクに関する最新情報は、Blue Medora の宛先設定ガイドにあります。

BindPlane コレクタのインストール

BindPlane コレクタはネットワーク内にあり、モニタリングするデータソースに接続します。コレクタには、モニタリングするデータソースにネットワーク アクセスできるサーバーが必要です。

コレクタをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. BindPlane で、[Collectors] に移動します。

  2. [Add Collector] をクリックします。

  3. ホストシステムのオペレーティング システムを選択します。

  4. クリップボード アイコンをクリックして、インストール コマンドをコピーします。

  5. コレクタをインストールするホストシステムにログインし、コマンドを貼り付けて実行します。

Google Deployment Manager からコレクタをインストールすることもできます。このデプロイの手順とセキュリティ要件については、GCP Collector Deployments のガイドをご覧ください。

データソースへの接続

ソースとは、モニタリングするオブジェクトのことです。データベース、ウェブサービス、またはデータセンターのハードウェア デバイスなどがあります。ソースを追加するには、次のようにします。

  1. BindPlane で、[Sources] に移動します。

  2. [Add Source] をクリックします。

  3. モニタリングするソースの種類を選択します。

  4. ホストシステムにインストールしたコレクタを選択します。

  5. 認証情報を入力し、[Test Connection] をクリックして、接続が正常に機能していることを確認します。

  6. 必要に応じて、Monitoring に送信するよう構成された指標を確認し、不要な指標を無効にすることもできます。これらの指標をオフにすると、費用の管理に役立ちます。

  7. [Add] をクリックして、モニタリングを開始します。各ソースに必要な認証情報やその他の情報については、ソース ドキュメントをご覧ください。

既存のダッシュボードとアラートの転送

コレクタをインストールしてデータソースに接続した後も、既存のダッシュボードとアラートは以前と同様に機能します。

データの欠落などの問題がある場合は、次の条件を満たしていることを確認してください。

  • コレクタが、モニターしようとしているテクノロジーのホストシステムにインストールされている。

  • データソースが BindPlane の中で正常な状態にある。

費用の管理

Google は Blue Medora と提携して、BindPlane を Monitoring のお客様に追加の費用、ライセンス、契約なしで提供しています。ただし、Monitoring エージェントを使用していたときよりも多くのモニタリング データとログデータを Blue Medora で取り込むと、使用料金が高くなる可能性があります。無料割り当て分を超過したすべてのカスタム指標とログに適用される料金の詳細については、料金をご覧ください。

BindPlane では、費用を管理するために、次の 2 つの方法で Monitoring に送信されるデータ量を制御できます。

  • 収集間隔を調整する: デフォルトで収集間隔は 1 分に設定されています。収集間隔を 2 分にすると、指定したソースから Monitoring に送信されるデータの量が半分になります。間隔を 10 分にすると、送信されるデータの量は 10 分の 1 になります。データ収集間隔を調整することで、組織にとって適切なデータ分析能と費用のバランスを見つけることができます。

    この間隔を調整するには、[Source] の詳細ページで [Configure] をクリックし、[Collection interval] フィールドを更新します。

  • 不要な指標の収集を無効にする: ソースが構成されると、全種類のリソースと指標に対して収集が有効になります。特定の種類のリソースや個々の指標を Cloud Monitoring に送信する必要がない場合は、それらを無効にして、送信されるデータ量を削減し、費用を削減できます。

    不要な指標を無効にするには、[Sources] の詳細ページで [Metrics] をクリックし、[Collect] 切り替えをクリックして指標の収集を無効にします。

指標ガイド

以前に Monitoring エージェントによって収集された指標に加えて、Bindplane統合によって追加の指標が収集され、各テクノロジーについて収集される指標の数が増えます。これらの追加の指標は external.googleapis.com/bluemedora/generic_node/ 名前空間に送信されます。同等の BindPlane 統合によって収集されるようになった非推奨の Monitoring エージェントの指標は、agent.googleapis.com名前空間に送信されます。

次のテーブルには、Cloud Monitoring エージェントによって現在収集されている指標の数と、BindPlane から追加で得られる指標の数を示されています。

連携名 Cloud Monitoring の指標 BindPlane の指標
Cassandra 7 つの指標 257 の指標
Elasticsearch 18 の指標 160 の指標
HBase 23 の指標 200 の指標
Kafka 18 の指標 100 の指標
MongoDB 12 の指標 90 の指標
PostgreSQL 7 つの指標 100 の指標
RabbitMQ 4 つの指標 100 の指標
Tomcat 7 つの指標 100 の指標
Varnish 3 つの指標 170 の指標
ZooKeeper 14 の指標 30 の指標