公開された Google Cloud Marketplace プロダクトのテスト

プロダクトが Google Cloud Marketplace で公開されると、プロダクトの使用料金が課金されることなくテストできます。このページでは、テスト用にプロダクトをセットアップする方法について説明します。

テスト用プロダクトの設定

公開済みの Google Cloud Marketplace プロダクトをテスト用に設定するには、テストの請求先アカウントとして使用する 1 つ以上の請求先アカウントを指定する必要があります。請求先アカウントを、公開した Google Cloud Marketplace プロダクトのテスト請求先アカウントとして追加すると、公開した Google Cloud Marketplace プロダクトすべてにわたるテスト請求先アカウントとして使用できるようになります。

テスト請求先アカウントを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [パートナー レポート] ページの [テスト請求先アカウントの構成] で、[テスト請求先アカウントを追加] をクリックして、請求先アカウントをテスト請求先アカウントとして追加します。

    [レポート] ページを開く

  2. [保存] をクリックして、請求先アカウントをテスト請求先アカウントとして保存します。

請求先アカウントをテスト請求先アカウントとして保存すると、テスト請求先アカウントをテストで使用する準備が整っていないことを示すステータス アイコンが表示されますが、何もする必要はありません。請求先アカウントは、テスト請求先アカウントとして使用するために自動で準備されます。

テスト請求先アカウントの処理が完了すると、ステータス アイコンが変わり、プロダクトのテストの準備が整ったことがわかります。ステータス アイコンが変更されたかどうかを確認するには、ページを再読み込みする必要があります。

テスト使用の請求書の受け取り

公開されている Google Cloud Marketplace プロダクトのテスト請求先アカウントとして請求先アカウントを追加しても、プロダクトの使用に対する請求書が引き続き送られてきます。ただし、プロダクトの使用によって発生する費用は、一致する割引によって相殺されます。

請求書には次の情報が含まれます。

  • 公開された Google Cloud Marketplace プロダクトごとに、請求書に記載される顧客の使用量と同様の形でそのプロダクトの使用量。

  • Marketplace パートナーのテストの記載と、公開された Google Cloud Marketplace プロダクトのテスト使用量の 100% 割引の表示。

  • プロダクトのテストに使用した Google Cloud インフラストラクチャの料金。Google Cloud Marketplace の料金について詳しくは、Google Cloud Marketplace の料金についてをご覧ください。Google Cloud インフラストラクチャの標準使用料金については、Google Cloud の料金の概要をご覧ください。