Cloud Marketplace の課金について

Cloud Marketplace のソフトウェア パッケージの多くは無料で使用でき、ソフトウェアを実行する標準のGoogle Cloud リソースの使用料のみを支払います。

ソフトウェアがインストールされた VM、Kubernetes アプリ、マネージド サービスなどの商用ソフトウェアを Google Cloud Marketplace から購入すると、ソフトウェアと使用する Google Cloud リソースに対して課金されます。ソフトウェア使用料は、毎月の Google Cloud 請求書で個別の項目として示されます。

このページでは、Google Cloud Marketplace から入手したソフトウェアの請求金額に影響する要素について説明します。請求を管理する、またはサブスクリプションをキャンセルする手順については、Cloud Marketplace の請求を管理するをご覧ください。

ソフトウェアの請求の仕組み

ベンダーは、ソフトウェアの料金プランの設定方法を選択できます。次のセクションでは、Google Cloud Marketplace に表示される可能性がある料金プランについて説明します。

割引価格でベンダーと協力している場合、ベンダーは製品を割引価格で購入できる限定公開オファーを作成できます。割引価格は、このセクションで説明する料金プランに適用されます。

Cloud Marketplace 製品の限定公開オファーの受け入れについて学習する

仮想マシンの料金プラン

仮想マシンのプランには次のタイプがあります。

  • 毎月請求の定額料金。

  • デプロイ時の vCPU、メモリ、GPU の数など、デプロイの際のリソースに基づく使用料。

  • 自前ライセンス(BYOL)ソリューションをデプロイすると、ベンダーのウェブサイトでライセンスの登録を行い、ベンダーが直接請求します。Google はインフラストラクチャの費用を別途請求します。

Kubernetes アプリの料金プラン

Kubernetes アプリのプランには次のタイプがあります。

  • ベンダーが設定した測定値に基づく使用料。たとえば、アプリを実行するコンテナの数とアプリに対して行う API リクエストの数によって課金するベンダーもあります。

    商用の Kubernetes アプリケーションの場合、まず課金管理者が組織のためにアプリを購入する必要があります。購入が完了すると、組織内のユーザーはアプリをデプロイし、組織の請求プランを利用できます。Kubernetes コンテナと使用する GKE インフラストラクチャについて、ソフトウェア使用料が請求されます。

    商用 Kubernetes アプリの料金プランを設定する手順については、Kubernetes アプリの料金プランの管理をご覧ください。

  • 自前ライセンス(BYOL)ベンダーのウェブサイトでライセンスの登録を行う必要があります。ベンダーは直接請求します。Google はインフラストラクチャの費用を別途請求します。

Kubernetes アプリをクラスタにデプロイする手順については、Kubernetes アプリケーションのデプロイをご覧ください。

マネージド サービスの料金プラン

マネージド サービスのプランには次の種類があります。

  • 毎月のサブスクリプション、または 1 年以上など、特定の期間のサブスクリプション。ベンダーは、Basic プラン、Standard プラン、Pro プランなど、複数のサブスクリプション プランを提供している場合があります。

  • ベンダーが設定した測定値に基づく使用量ベース。たとえば、アプリで処理するデータの量によって課金するベンダーもあります。

  • サブスクリプションと使用料の組み合わせ。たとえば、ベンダーは基本プランに月額 10 ドルの料金を請求し、処理されたデータ 1 GiB ごとに 0.01 ドルを追加で請求する場合があります。

請求に影響する要素

毎月の請求書には次の追加項目が表示される場合があります。

VM ソリューションでの Cloud Monitoring の料金

一部の Google Cloud Marketplace ソリューションには、デプロイから指標、イベント、メタデータを収集する Cloud Monitoring が含まれる場合があります。Cloud Monitoring の無料使用量の割り当てを超えた場合は、使用量に応じて課金されます。Cloud Monitoring を使用しない場合は、Monitoring エージェントを無効にする必要があります。

モニタリング料金の詳細をご覧ください

Cloud Marketplace ソフトウェアの試用版

ベンダーは Cloud Marketplace でソフトウェアの試用版を提供する場合があります。その場合、ライセンスの料金を支払うことなくソフトウェアを使用できます。試用期間中は、使用するインフラストラクチャの料金のみ支払います。それぞれのソリューションについて、請求先アカウントごとに 1 つの試用版を申し込むことができます。

試用版には、ベンダーによって設定された試用期間と利用限度額があります。利用限度額に達した場合、または試用期間が終了した場合(どちらか一方の状況が発生した場合)、試用は終了となります。

たとえば、推奨構成が単一の vCPU を含む VM であるソリューションがあるとします。このソリューションでは、デプロイ内の vCPU の数に基づいて料金が請求されます。試用期間中に、4 つの vCPU を含むインスタンスを選択すると、時間あたりの使用料が増えることになります。このため、試用期間が終了する前に利用限度額に達する可能性があります。

Cloud Console で試用のステータスを確認するには、お支払いページにアクセスしてください。請求書の [クレジット] セクションに、無料トライアルの限度額が表示されます。 また、試用期間が終了する 3 日前、または残っている試用クレジットが 10%未満になったときのいずれか早い方のタイミングで、Google Cloud からメールが送信されます。

試用期間が終了した後は、ソリューションを引き続き使用でき、現在の料金プランに従って請求されます。試用期間が終了する前に試用を終了する場合は、サブスクリプションをキャンセルしてください。

補足資料