PromQL ベースの条件でアラート ポリシーを作成する(コンソール)

このページでは、Google Cloud コンソールを使用して PromQL ベースの条件でアラート ポリシーを作成する方法について説明します。

準備

  1. Google Cloud コンソールで PromQL ベースの条件によるアラート ポリシーを作成するために必要な権限を取得するには、管理者にプロジェクトに対する Monitoring 編集者roles/monitoring.editor)の IAM ロールを付与するよう依頼してください。ロールの付与の詳細については、アクセスの管理をご覧ください。

    必要な権限は、カスタムロールや他の事前定義ロールから取得することもできます。

    Cloud Monitoring のロールの詳細については、Identity and Access Management を使用してアクセスを制御するをご覧ください。

  2. Cloud Monitoring のアラート ポリシーと PromQL の一般的なコンセプトを理解しておいてください。詳しくは次の記事をご覧ください。

  3. アラートの受信に使用する通知チャンネルを構成します。冗長性を確保するために、複数種類の通知チャンネルを作成することをおすすめします。詳細については、通知チャンネルを作成して管理するをご覧ください。

  4. アラート ポリシーの PromQL クエリでカスタム指標を使用する場合は、指標がすでに存在している必要があります。

PromQL アラート ポリシーを作成する

Google Cloud コンソールから PromQL ベースの条件でアラート ポリシーを作成するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで、[Monitoring] を選択してから、[アラート] を選択します。

    [アラート] に移動

  2. [アラート] ページで、[ポリシーを作成] をクリックします。

  3. [ポリシー構成モード] で [コードエディタ(MQL または PromQL)] を選択します。

  4. [言語] 切り替えで [PromQL] が選択されていることを確認します。言語切り替えボタンは、クエリの書式設定を行うのと同じツールバーにあります。

  5. モニタリングするデータを選択する PromQL クエリを入力します。[自動実行] が有効になっていない場合は、[クエリを実行] をクリックします。

    たとえば、次のクエリは 60 秒間隔で取り込まれる課金のロギングデータのレートを要約し、集計されたレートが 300 バイトを超えているかどうかを判断します。

    sum(rate(logging_googleapis_com:billing_bytes_ingested{monitored_resource="global"}[60s]))>300
    

    クエリを実行すると、グラフが表示されます。1 つのプロジェクトでこのクエリを実行すると、次の結果が生成されます。

    アラートを指定した後の PromQL アラート条件のグラフ。

  6. [次へ] をクリックしてアラート トリガーを構成します。

    1. [アラート トリガー] の値を選択します。この値は、アラート ポリシーがトリガーされるまでにアラート オペレーションを満たす必要があるクエリによって返される時系列の数を指定します。次の基準から選択できます。

      • 任意の時系列。
      • 時系列の割合。
      • 特定の数の時系列。
      • すべての時系列。
    2. [再テスト ウィンドウ] を選択します。このフィールドは、アラート ポリシーがトリガーされるまでに条件が満たされる必要がある期間を定義します。

      デフォルト値は 0 秒です。この設定では、1 回の測定で通知を行えます。詳細と例については、アライメント期間と期間の設定をご覧ください。

    3. アラートが PromQL クエリを評価する頻度を選択するには、[評価間隔] の値を選択します。

    4. 条件の名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  7. 通知チャンネルを追加します。

  8. (省略可)アラート ポリシーラベルドキュメントを追加します。

  9. [アラート名] をクリックして、アラート ポリシーの名前を入力します。

  10. [ポリシーの作成] をクリックします。

詳細な手順については、アラート ポリシーの管理をご覧ください。