Stackdriver Monitoring

Google Cloud Platform と Amazon Web Services で実行されるアプリケーションに対応

無料トライアル

フルスタック モニタリングを Google で

Stackdriver Monitoring では、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスやアップタイム、全体的な動作状況を視覚的に確認できます。Stackdriver Monitoring は、Google Cloud Platform、Amazon Web Services、ホステッド アップタイムのプローブ、アプリケーション インストルメンテーション、よく使われるさまざまなアプリケーション コンポーネント(Cassandra、Nginx、Apache Web Server、Elasticsearch など)から、指標、イベント、メタデータを収集します。また、収集したデータを取り込んで分析情報を引き出し、ダッシュボード、グラフ、アラートで表示します。Stackdriver のアラート機能を Slack や PagerDuty、HipChat、Campfire などと統合すれば、共同作業に役立ちます。

Cloud Platform、AWS、ハイブリッド デプロイに対応

Stackdriver Monitoring では、Google Cloud Platform と AWS のいずれを使用していても、クラウド リソースを自動的に検出し、モニタリングすることができます。Cloud Platform サービスや AWS サービス用の追加設定が不要なダッシュボードをデフォルトで提供し、こうしたプロバイダの指標だけでなく、重要なメタデータも取り込みます。そのため、コンポーネント間の関係の理解と、自動スケーリングするクラスタのモニタリングが容易になります。

傾向を特定、問題を防止

柔軟なダッシュボードと豊富な可視化ツールにより、問題の兆候を発見できます。異常検出レポートや、パターンの検出、リソースの枯渇予測から、注意が必要な可能性がある長期的な傾向に関する分析情報が得られます。

モニタリングのオーバーヘッドを削減

指標、ダッシュボード、アップタイム モニタリング、アラートの機能が 1 つのサービスに統合されているため、異種システムが混在する環境のメンテナンスにかかる時間を短縮できます。

シグナル対ノイズ比を改善

変化率やクラスタ アグリゲーション、複数条件に基づくポリシーなどに対応した高度なアラート機能により、誤検出の可能性を抑えながら、重大な問題が発生したときに確実に通知を受けられます。

問題を迅速に修正

統合されたアップタイム モニタリングとヘルスチェックを利用することで、ユーザーがエンドポイントにアクセスできなくなった場合に、すぐに通知を受けられます。根本原因をすばやく突き止めるために、アラートからダッシュボードへ、さらにログやトレースへとドリルダウンできます。

Stackdriver Monitoring の特長

Google Cloud Platform と Amazon Web Services で実行されるアプリケーションに対応

AWS との統合
追加設定なしで AWS のリソースとアプリケーション サービスを検出し、モニタリングできます。EC2、S3、Auto Scaling、ELB、SQS、RDS、DynamoDB をはじめ、数多くのサービスに対応しています。
GCP との統合
Google Cloud Platform のリソースとサービスを検出し、モニタリングできます。Compute Engine、App Engine、Kubernetes Engine、Cloud SQL、Datastore、BigQuery、Networking、Pub/Sub などのサービスに対応しています。Google のデータ プラットフォームとネイティブに統合されています。
ダッシュボード
設定なしでクラウドのリソースとサービスの主要な情報を可視化できます。カスタム ダッシュボードを定義し、Google の強力なデータ可視化ツールを利用することも可能です。
アラート
イベントが発生したときや、個々のシステムまたはカスタム指標が定義済みルールに違反したときに、通知が行われるようにアラート ポリシーを設定できます。また、複数の条件を使って複雑なアラートルールを定義することもできます。通知はメール、SMS、Slack、PagerDuty、Campfire などで受け取れます。
アップタイム モニタリング
インターネットでアクセス可能な世界中の URL、VM、API、ロードバランサの可用性をモニタリングできます。Stackdriver のアラート機能を使用して、停止時に通知を受けることも可能です。
カスタム指標
アプリケーションをインストルメントして、アプリケーションやビジネスごとの指標を Stackdriver でモニタリングできます。
モニタリング エージェント
AWS や GCP のホストに Google のオープンソース エージェントをデプロイし、重要なシステム リソースや一般的なアプリケーション コンポーネントをモニタリングできます。
ロギングの統合
ダッシュボードやグラフからログへドリルダウンできます。ログデータに基づいて指標を作成、可視化し、指標のアラートが送信されるようにすることも可能です。
グループやクラスタのサポート
リソースの名前、タグ、セキュリティ グループ、プロジェクト、リージョン、アカウント、その他の基準に基づいて関係を定義できます。定義した関係を使用して、対象を絞ったダッシュボードや、トポロジに対応したアラート ポリシーを作成できます。

Stackdriver Monitoring の料金

詳しくは、Stackdriver の料金ガイドをご覧ください。

機能 料金1 毎月の無料割り当て量 発効日
Stackdriver Monitoring データ $0.2580/MB: 150~100,000 MB
$0.1510/MB: 100,000〜250,000 MB
$0.0610/MB: 250,000 MB を超える場合
すべての GCP 指標2
GCP 以外の指標: 150 MB まで
2018 年 6 月 30 日
Stackdriver Monitoring API 呼び出し API 呼び出し 1,000 回ごとに $0.01 最初の 100 万回の API 呼び出し 2018 年 6 月 30 日