Google からの支払いの受領

このページでは、お客様への請求の仕組みと、お支払いの登録およびお支払い方法の設定について説明します。

Google Cloud Marketplace では、受け取った支払いの調整や、お客様がソリューションをどのようにデプロイしているかに関する情報の取得に使用できるレポートも生成されます。これらのレポートについて詳しくは、Google Cloud Marketplace プロダクトのレポートをご覧ください。

支払いに関するご質問については、cloud-partner-onboarding@google.com にお問い合わせください。

始める前に

お客様への請求の概要

Google は、お客様がプロダクトに対してお支払いいただいた金額と、Google がパートナーに支払う金額を毎月計算します。通常、毎月 21 日にお支払いいたします。このセクションでは、Google Cloud Marketplace プロダクトに関するお客様への請求と支払いのプロセスについて説明します。

お客様がプロダクトを使用する際、Google は次の方法を使用して請求額および支払額を計算します。

  1. サービスから Cloud Billing への使用状況が報告されます。
  2. 次のように、Cloud Billing では使用状況に基づいて費用を測定します。
    1. 測定値の SKU を探します。
    2. SKU の単価を検索します。
    3. 測定値を料金の単位に変換します。
    4. 料金の単位に料金を掛けて費用を計算します。
  3. 費用をお客様の請求書に追加します。
  4. Google が収益分配率を計算し、収益をお支払いアカウントに送信します。

Google は、当月のすべての顧客から支払われる合計金額をお客様にお支払いします。Google Cloud に請求書を発行する必要はありません。

Cloud Billing に使用状況を報告する場合、次のいずれかのサービスを使用できます。

  • 仮想マシン(VM)の寿命を測定する Compute Engine などの Google Cloud サービス。
  • Cloud Billing のサブスクリプション エンジン。
  • 組織のサービス、またはお客様の Google Cloud プロジェクトにデプロイしたサービス。Service Control API を通じて使用量を報告します。

お客様への請求書は、米国およびカナダのタイムゾーン(夏時間に応じて、UTC-8 または UTC-7)の月境界に作成されます。組織のサービスを使用する場合、毎月 1 日の午前 6 時(米国とカナダの太平洋時間)までに使用状況を報告して、前月のお客様への請求書に使用量が表示されるようにする必要があります。

利用料金の請求

顧客がサブスクリプションとしてプロダクトを購入すると、使用量は秒単位で測定され、サブスクリプションがアクティブである秒数に従って課金されます。お客様が月の途中でサブスクリプションを開始した場合、当月の残りの秒数によって比例配分された料金が請求されます。

プロダクトの価格を月単位で設定する場合、月ごとに秒数が変動するため、プロダクトのサブスクリプションには日割りの料金設定がありません。たとえば、同じ月額料金が維持されていても 2 月の日数は少ないため、2 月の 1 日あたりの料金は 3 月よりも高くなります。

通貨の換算

Google Cloud Marketplace の料金は米ドルで設定されていますが、お客様に請求したり、異なる通貨で支払いを受け取ったりできます。お客様の料金を Google お支払い通貨に換算する際に、為替レートが設定され、使用されます。たとえば、このレートを使用してお客様に英ポンド(USD から換算)で請求し、ユーロに換算します。現在サポートされている通貨については、サポートされているリージョンと通貨のリストをご覧ください。

お支払いプロファイルの設定

初めて Google Cloud Marketplace との統合を行う場合は、パートナー契約の締結が完了した後にお支払いプロファイルを設定する必要があります。

支払いを受け取る手順は次のとおりです。

  1. [パートナーへの支払い] ページで、お支払いを受ける地域と通貨を選択します(サポートされている地域と通貨の一覧)。地域と通貨は、お客様の法人の所在国と一致する必要があります。地域と通貨を選択したら、[続行] をクリックします。

    [お支払い] ページを開く

  2. [お支払い情報] ページで、お支払いプロファイルを作成する必要があります。[顧客情報] セクションで、お店やサービスの名前、連絡先の詳細を追加し、[続行] をクリックしてお支払いの登録を完了します。

    ご使用の Google アカウントが Google Payments の使用を許可されていないというエラー メッセージが表示された場合は、Google Payments を有効または無効にするの手順に従って、アカウントの Google Payments を有効にしてください。

次に、以降のセクションで説明するように、支払い用の銀行口座を設定する必要があります。

銀行口座の設定

支払いを受け取るには、メインバンクの口座を設定する必要があります。お支払いプロファイルには、複数のアカウントを追加できますが、支払いのお受け取りに使用できるのはメインバンクの口座のみです。

次のエラー メッセージが表示された場合は、以下の手順をお試しください。

  • Unable to find the resource you requested: 選択した Google Cloud プロジェクトに、パートナー ポータルまたは Producer Portal へのアクセス権があることを確認します。
  • OR-AC-02: お支払いプロファイルへのアクセスをリクエストするには、支払い管理者にお問い合わせください。デフォルトでは、支払い管理者は最初にお支払いプロファイルを作成したユーザーです。
  • OR-BAIH-01 または OR-IEH-02: マーケットプレイス ビジネス オペレーション チームに連絡し、お支払い方法の追加についてサポートを依頼してください。
  • OR-DDUH-01: Google Payments へのアクセス権がありません。アクセス権を得るには、Google Workspace 管理者にアカウントの Google Payments の有効化を依頼してください。
  • test deposit failure または verification pending for too long: マーケットプレイス ビジネス オペレーション チームに連絡し、お支払い方法の追加についてサポートを依頼してください。

サポートが必要な場合は、発生したエラー メッセージなどの詳細を含めて gcp-marketplace-business-operations@google.com までメールでお問い合わせください。

銀行口座を設定するには:

  1. [お支払い] ページで [お支払い方法の管理] をクリックします。

    [お支払い] ページを開く

  2. [お支払い方法を追加] をクリックし、銀行口座の詳細情報を追加します。

  3. このお支払い方法をメインのお支払い方法として設定する場合は、[メインのお支払い方法に設定] を選択します。

  4. [保存] をクリックします。支払いを受け取るには、ご利用の銀行のウェブサイトにログインして Google によるテスト デポジットの入金を確認することで、銀行口座の確認を行う必要があります。

  5. 別の銀行口座を追加する必要がある場合は、以上の手順を繰り返します。

管理している銀行口座については、Google お支払いセンターでご確認いただけます。

お支払いプロファイルへのアクセスの制御

自身が管理するお支払いプロファイルには、他のユーザーを追加できます。デフォルトでは、お支払いに関するメールが追加したユーザーに送信されます。また、[お支払い] ページ、お支払い履歴、お支払いプロファイルの編集権限を付与することもできます。

ユーザーを追加する前に、ユーザーがプロダクトの Google Cloud プロジェクトの読み取りアクセス権を持っていることを確認してください。これは、プロジェクトに対するプロジェクト閲覧者roles/viewer)として付与できます。プロジェクトへのアクセス権を管理するには、リソースへのアクセス権の付与、変更、取り消しをご覧ください。

お支払いプロファイルにユーザーを追加するには、次のようにします。

  1. [お支払い] ページで、[設定を管理する] をクリックします。

    [お支払い] ページを開く

  2. [お支払いサービスのユーザー] で、[お支払いサービスのユーザーを管理] をクリックします。

  3. [新しいユーザーを追加] をクリックし、そのユーザーの連絡先情報を入力します。

  4. このユーザーのアクセスレベルを選択するには、[権限] を展開し、このユーザーに付与する権限を選択します。

  5. このユーザーが受け取るメールの種類を選択するには、[メール設定] を展開します。

  6. ユーザーを組織の連絡先担当者にするには、[連絡先担当者] チェックボックスをオンにします。

(米国のみ)お支払いプロファイルへの税務情報の追加

米国にお住まいの場合、支払いを受け取るには、フォーム W-9 の税務情報も追加する必要があります。

  1. [お支払い] ページで、[設定を管理する] をクリックします。

    [お支払い] ページを開く

  2. [お支払いプロファイル] で、[米国の税務情報] をクリックします。

  3. フォーム W-9 の税務情報を追加または更新し、[送信] をクリックします。税務情報は、Internal Revenue Service(IRS)に送信されて確認されます。

お支払い額の表示

お取引履歴を表示するには、[お支払い] ページを開き、[お取引履歴を表示] をクリックします。また、プロダクトの使用状況と収益を示す、月次の使用状況と支払いのレポートも表示されます。

サポートされるリージョンと通貨

Google Cloud Marketplace では、すべての価格が米ドルに設定されていますが、顧客からは自国で使用可能な通貨で支払われます。費用は、使用状況を測定した時点で有効な為替レートにより、顧客の通貨に換算されます。

各月の請求では、すべての為替レートが一括で決定されます。月額が 19.99 米ドルの SKU の場合、別の通貨で支払う顧客の側では、表示される費用が月によって異なる場合があります。

次の表に、Google Cloud Marketplace でサポートされるリージョンと通貨を示します。米ドル以外の対応通貨でお支払いの場合は、お客様へのお支払い額も、使用状況を測定した時点での為替レートの影響を受けることがあります。Google は、顧客の通貨をお客様の通貨に換算したうえで、お客様のお支払い口座に入金します。

リージョン 通貨
カナダ 加ドル
フィンランド ユーロ
フランス ユーロ
ドイツ ユーロ
香港 香港ドル
インド 米ドル
アイルランド ユーロ
イスラエル イスラエル シュケル
イタリア ユーロ
日本 日本円
ノルウェー NOK
ポーランド ズウォティ
ルーマニア ユーロ
サウジアラビア 米ドル
スウェーデン SEK
スイス スイスフラン
英国 英ポンド
米国 米ドル