Cloud Marketplace からのアプリケーションのデプロイ

コンテナベースのアプリケーションを Cloud Marketplace から選択して、ご使用の Google Kubernetes Engine クラスタにデプロイできます。

インストール可能なアプリケーションを確認するには、GCP Console で GKE アプリケーションのページを開き、[Cloud Marketplace からデプロイ] をクリックします。

アプリケーション ページに移動

アプリケーションをクラスタにデプロイするには、次の手順を実行します。

Console

  1. アプリに関する情報(料金など)を表示するには、そのアプリを選択します。
  2. [構成] をクリックします。
  3. アプリのデプロイ先にする Kubernetes クラスタを選択します。新しいクラスタを作成する場合は、[クラスタを作成] をクリックします。
  4. アプリケーションに使用する名前空間を選択します。名前空間は、複数のユーザーやチーム間でクラスタ リソースを分割する方法です。
  5. [アプリ インスタンス名] ボックスにアプリの名前(sandbox-dev-app など)を入力します。この名前は名前空間内で一意である必要があります。

  6. アプリケーションの料金プランに関連付けられているサービス アカウントを変更する場合は、[Advanced plan settings] を展開し、アプリケーションに関連付けられているサービス アカウントを確認します。

    Kubernetes アプリの料金プランの詳細については、請求に関するガイドをご覧ください。

  7. アプリ インスタンスの名前を入力して、[デプロイ] をクリックします。

  8. デプロイを管理、編集、削除するには、GKE アプリケーションのページを開きます。

    アプリケーション ページに移動

    アプリでカスタマイズできる内容については、ソフトウェア ベンダーから提供されるドキュメントをご覧ください。

  9. アプリケーションを外部トラフィックからアクセスできるようにする場合は、アプリケーションをサービスとして公開する手順に従います。

コマンドライン

Kubernetes アプリは、Google Kubernetes Engine クラスタや、Minikube のローカル インストールなど独自のインフラストラクチャにデプロイできます。

アプリをコマンドラインからデプロイするには、Google Cloud Platform からライセンス ファイルをダウンロードします。次の手順を使用してアプリをデプロイする際は、kubectl 構成または Helm チャートにライセンス ファイルを適用する必要があります。

アプリをデプロイする具体的な手順はアプリのプロバイダによって異なりますが、大まかな流れは次のとおりです。

  1. Kubernetes クラスタに接続します。
  2. 必要に応じて、ライセンス ファイルを kubectl 構成または Helm チャートに追加します。
  3. アプリの Git リポジトリのクローンを作成します。通常、このリポジトリには以下が含まれます。

    • アプリの Kubemetes リソースを記述した kubectl 構成または Helm チャート

      レプリカの数を増やしたり、アプリケーション ポッドの更新方法を変更したりなど、アプリのカスタマイズが必要な場合は、kubectl 構成または Helm チャートを編集します。

    • アプリケーションのタイプ、バージョン、管理者など、アプリケーションのプロパティを定義するアプリケーション リソース

    • Kubernetes クラスタにアプリケーションをデプロイするための具体的な手順。
    • プロバイダが追加されたスクリプトやツール。
  4. アプリの構成を確認して、アプリをデプロイします。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...