GKE On-Premアルファ版

Kubernetes クラスタをどこでも、効率的かつ安全な方法で確実に実行できます。

オンプレミス アプリケーションのコンテナ化

オンプレミス アプリケーションのコンテナ化とクラウド対応

GKE On-Prem を使用して、Google Kubernetes Engine(GKE)サービスを直接データセンターに導入できます。Google により検証、テストされたインストールとアップグレードの処理は迅速かつシンプルです。GKE On-Prem では Google Cloud Console からクラスタを登録するため、すべてのクラスタを一元的に管理できます。Google Kubernetes Engine と GKE On-Prem に組み込まれている抽象化レイヤにより、お客様のペースでアプリケーションを「クラウド対応」にしてクラウドに移行でき、またあらゆる場面で役立つ運用スキルが身に付きます。

一貫性のある Kubernetes エクスペリエンス

一貫性のある Kubernetes エクスペリエンス

GKE On-Prem と Kubernetes Engine の間で同じバージョンの Kubernetes、OS、ランタイム、アドオンを使用することで、複数の環境を同期した状態に保てます。

セキュリティで保護された Kubernetes クラスタ

セキュリティで保護された Kubernetes クラスタ

Google によりテスト、検証された最新バージョンの Kubernetes とセキュリティ パッチが常に導入されているため、ゼロダウンタイムで確実なアップグレードを実施できます。

クラスタの一元管理

一元的なマルチクラスタ管理

クラウドかオンプレミスを問わず、Google Cloud Console から、すべての Kubernetes Engine クラスタのモニタリング、管理、ポリシー適用を行えます。

GKE On-Prem の特長

ID とアクセスの管理

Cloud Identity またはオンプレミスの ID プロバイダを使って、クラスタへのアクセスを制御できます。

セキュリティで保護された接続

オンプレミス クラスタを Google Cloud Platform に接続するときに、複雑な VPN は不要です。

セキュリティとコンプライアンス

GKE On-Prem には、セキュリティ強化されたコンポーネント(OS、コンテナ、ランタイム、Kubernetes、接続先クラウドなど)が完全に統合されています。

ロギングとモニタリングの統合

クラスタ上で Prometheus を使用してローカルにデバッグを行い、インストルメンテーションを変更せずに Stackdriver LoggingStackdriver Monitoring でクラウドの指標を表示できます。

ステートフル アプリケーションのサポート

GKE On-Prem は Twelve-Factor App だけを念頭に置いたデザインではありません。永続ストレージをコンテナに接続し、データベース全体をホストすることもできます。

高速で一貫性のあるビルド

Google Cloud Build を使用すると、Kubernetes Engine クラスタ、クラウド、オンプレミスにコンテナを確実にデプロイできます。

オンプレミスとクラウドでワークロードを移植可能

GKE On-Prem では準拠した Kubernetes が実行されるため、クラウドやオンプレミスの他の Kubernetes プラットフォームにワークロードを移植できます。

マルチクラスタ ダッシュボード

GCP Console は、プロジェクトのクラスタとそのリソースを表示する便利なダッシュボードを備えています。このダッシュボードを使用して、クラスタ内のリソースを表示、検査、管理、削除できます。

Google Cloud

使ってみる

GKE On-Prem アルファ版

Kubernetes クラスタをどこでも、効率的かつ安全な方法で確実に実行できるように、早期アクセスにご登録ください。

このページで紹介しているプロダクトは 2018 年秋にアルファ版としてリリースされる予定です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。