Cloud Deployment Manager

シンプルなテンプレートを使ってクラウド リソースを構築、管理

無料トライアル

クラウド管理を簡素化

Google Cloud Deployment Manager では、アプリケーションに必要なすべてのリソースを yaml を使って宣言形式で指定できます。Python テンプレートや Jinja2 テンプレートを使い、設定内容をパラメータ化し、負荷分散や自動スケーリング インスタンス グループなど、共通のデプロイ計画を何度も使用することができます。設定内容をコードとして扱うことで、再現可能なデプロイメントを実現します。

再現可能なデプロイ プロセス

リソースを定義する構成ファイルを作成することにより、リソース構築プロセスを何度も繰り返し、同じ結果を実現することができます。

宣言型言語

多くのツールは、ユーザーがリソースを構築し、設定する手順の定義を必要とする命令形アプローチを採用しています。宣言的アプローチは、ユーザーが必要な設定内容を決定し、その実現方法はシステムに任せるという方法です。

アプリケーションに集中

ユーザーは個々のリソースのデプロイ方法に頭を悩ませることなく、リソースに含まれるアプリケーションやサービスの選択に集中することができます。

テンプレートを使う

各種テンプレート(インスタンス テンプレート、インスタンス グループ、オートスケーラーなど)を組み合わせて使用し、抽象性や通常合わせてデプロイされるリソース グループを構築していきます。これらのテンプレートはパラメータ化することができ、デプロイ イメージ、デプロイゾーン、デプロイする仮想マシン台数などの変数を変えることにより、何度でも繰返し使用することができます。

Cloud Deployment Manager の特長

並行的なデプロイメント
同時に多数のリソースを並行してデプロイすることができます。
テンプレート
Python テンプレートや Jinja2 テンプレートを使うことで、デプロイするリソースをプログラムで管理することができます。
更新
デプロイするリソースを追加、削除、変更することができます。
入出力パラメータ
変数(ゾーン、マシンサイズ、マシン台数、テスト状態、運用状態、ステージングなど)をテンプレートに渡すと、出力値が戻ります(割り当てられた IP アドレスやインスタンスへのリンクなど)。
スキーマ ファイル
JSON スキーマを使い、パラメータを定義したり、制限したりします。
参照
1 つのリソース定義が他のリソースを参照する場合があります。この場合、依存関係が生じ、リソースの構築順序がコントロールされます。
プレビュー モード
変更内容を commit する前に、Deployment Manager が作成や更新操作にどのような変化をもたらすかを確認することができます。
コンソール UI
Google Cloud Console では、階層ビューで、デプロイメント全体を一望できます。

「Wix Media Group は Google Cloud Platform 上でデプロイメントを構築、管理する際に、Deployment Manager を使用しています。このツールにより、さまざまな場所でのシステム デプロイが簡単になるだけではなく、新サービスを開始するのに必要なコントロールを持つことができ、同時に異なるコード バージョンでデプロイする柔軟性がもたらされています。」

— Golan Parashi 氏 Wix Media Group のインフラストラクチャ テクニカル リーダー

CLOUD DEPLOYMENT MANAGER 料金

Cloud Platform のお客様は、無料で Deployment Manager をご利用いただけます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。