割り当てと上限

Deployment Manager の使用に費用はかかりませんが、Deployment Manager を使用してデプロイしたリソースには費用が発生する場合があります。たとえば、Compute Engine の場合は、Compute Engine の価格表に従ってリソースに費用がかかります。詳しくは、各プロダクトの価格表をご覧ください。

割り当て

Deployment Manager

Deployment Manager は、以下の API の制限と割り当てを適用します。

  • 無制限の読み取りリクエスト。これには、gcloudGoogle Cloud Console を介して行われたすべてのリクエストが含まれます。読み取りリクエストとは、getlist などのリクエストです。
  • 無制限の削除リクエスト。デプロイの削除です。
  • 1 日あたり 1,000 件の API 書き込みリクエストgcloud を介して行われるリクエストなどです。これには、insertupdate など、デプロイとリソースを変更したり作成したりするリクエストが含まれます。
  • 1 秒あたり 20 件の API リクエスト
  • プロジェクトあたり 1,000 件のアクティブ状態のデプロイ。デプロイを追加で作成する場合は、まずいくつかのデプロイを削除する必要があります。
  • ユーザー提供の構成に対する 1 MB の制限。YAML 形式の構成やすべてのインポートなどが含まれます。
  • 展開形式の構成に対する 1 MB の制限。完全に展開した形式で、構成はこのサイズを超えることはできません。

また、ユーザーは他に使用するすべての Google Cloud サービスから適用される割り当てにも制限されます。たとえば、Deployment Manager は使用しているプロジェクトで利用可能な割り当てを超える Compute Engine 仮想マシンをデプロイすることはできません。詳しくは、個々の Google Cloud Platform サービスの割り当て情報をご覧ください。

Runtime Configurator

Runtime Configurator は、以下の API の制限と割り当てを適用します。

  • 1,200 クエリ/分(QPM): deletecreateupdate リクエストの場合。
  • 600 QPM: watch リクエストの場合。
  • 6,000 QPM: get リクエストと list リクエストの場合。
  • プロジェクトあたり 4 MB のデータ: Runtime Configurator サービスに書き込まれたすべてのデータと付随のメタデータが含まれます。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント