デプロイの削除

デプロイメントを削除すると、そのデプロイメントに含まれるすべてのリソースも削除されます。

デプロイメントから特定のリソースを削除し、残りを保持する場合は、不要なリソースを構成ファイルから削除して、デプロイメントを更新します。

始める前に

デプロイの削除

デプロイを削除するが、すべての基になるリソースを保持する場合は、gcloud コマンドライン ツールまたは API を使用する必要があります。

Console

  1. Cloud Console で、[デプロイ]ページを開きます。
    [デプロイ] ページに移動
  2. デプロイメントのリストで、削除するデプロイメントのチェックボックスをオンにします。
  3. ページの上部にある [削除] をクリックします。

gcloud

gcloud では、deployments delete コマンドを使用します。

     gcloud deployment-manager deployments delete example-deployment --delete-policy=POLICY
     

POLICYは削除ポリシーです。

gcloud によって次のようなレスポンスが返されます。

    Waiting for delete operation operation-1415233139561-2d5dd654-f438-4d15-87e3-4b5b8ca68c5d to complete...done.
    Delete operation operation-1415233139561-2d5dd654-f438-4d15-87e3-4b5b8ca68c5d completed successfully.
    endTime: '2014-11-05T16:19:03.253-08:00'
    id: '5642095755656583573'
    name: operation-1415233139561-2d5dd654-f438-4d15-87e3-4b5b8ca68c5d
    operationType: delete
    startTime: '2014-11-05T16:19:02.669-08:00'
    status: DONE
    targetLink: https://www.googleapis.com/deploymentmanager/v2beta1/projects/myproject/global/deployments/example-deployment
    

API

API で、次の URL に空の DELETE リクエストを送ります。

    DELETE https://www.googleapis.com/deploymentmanager/v2beta1/projects/myproject/global/deployments/example-deployment?deletePolicy=policy
    

以下で説明するように、myproject をプロジェクトの名前に、example-deployment をデプロイメントの名前に、policy を削除ポリシーに置き換えます。

削除ポリシーの選択

使用する削除ポリシーによって、デプロイメント内のリソースの処理方法が異なります。次のいずれかのポリシーを使用できます。

  • DELETE [デフォルト]: 基盤となるリソースを削除します。この操作は元に戻せません。

  • ABANDON: デプロイメントは削除しますが、基盤となるリソースは削除しません。たとえば、デプロイメント内に VM インスタンスがある場合、このインスタンスはデプロイメントの削除後も使用できます。

削除したデプロイメントを再作成する必要がある場合は、元の構成ファイルを使用できます。ただし、デプロイは新しいデプロイとみなされ、新しいリソースが使用されます。