環境変数の使用

環境変数は、デプロイメントからの特定の情報が代入される事前定義の変数です。テンプレートで環境変数を使用すると、プロジェクトまたはデプロイメントに関する固有の情報を取得できます。

始める前に

有効な環境変数

次の環境変数は、Deployment Manager によって自動的に設定されます。これらの変数は、テンプレートで使用するたびに置換されます。たとえば、プロジェクト番号をサービス アカウントの名前に追加するには、project_number 変数を使用します。

環境変数
deployment デプロイメントの名前。
name テンプレートを使用している構成で宣言されている name。構成で宣言する名前をテンプレート内のリソース名にする場合に便利です。
project このデプロイメントのプロジェクト ID
project_number このデプロイメントのプロジェクト番号
current_time デプロイメントで展開が開始したタイムスタンプ(UTC)。
type 最上位の構成で宣言されているリソースタイプ。
username 現在の Deployment Manager ユーザー。

環境変数を使用する

テンプレートに環境変数を追加するには、次の構文を使用します。

{{ env["deployment"] }} # Jinja

context.env["deployment"] # Python

テンプレートで、次のように変数を使用します。

Jinja

- type: compute.v1.instance
  name: vm-{{ env["deployment"] }}
  properties:
    machineType: zones/us-central1-a/machineTypes/f1-micro
    serviceAccounts:
    - email: {{ env['project_number'] }}-compute@developer.gserviceaccount.com
      scopes:
      - ...

Python

def GenerateConfig(context):
  resources = []
  resources.append ({
    'name': 'vm-' + context.env["deployment"],
    'type': 'compute.v1.instance',
    'properties': {
       'serviceAccounts': [{
         'email': context.env['project_number'] + '-compute@developer.gserviceaccount.com',
         'scopes': [...]
       }]
    }
    ...}]
  return {'resources': resources}

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント