Cloud Deployment Manager

シンプルなテンプレートを使用してクラウド リソースを作成、管理します。

このプロダクトのドキュメントを見る

クラウド管理を簡素化

Google Cloud Deployment Manager を使用すると、アプリケーションに必要なすべてのリソースを yaml による宣言形式で簡単に指定できます。また、Python テンプレートまたは Jinja2 テンプレートで構成内容をパラメータ化することで、負荷分散された自動スケーリング インスタンス グループなど、一般的なデプロイのパラダイムを再利用できます。構成内容をコードとして扱い、再現可能なデプロイを実行します。

再現可能なデプロイ プロセス

リソースを定義する構成ファイルを作成することにより、リソース作成プロセスを何度も繰り返して、同じ結果を再現できます。

宣言型言語

多くのツールで採用されている命令型アプローチでは、リソースの作成と構成の手順をユーザーが定義する必要があります。宣言的アプローチでは、ユーザーは必要な構成内容だけを決定し、構成の手順はシステムに任せることができます。

アプリケーションに集中

ユーザーは各リソースを個別にデプロイする必要がないので、アプリケーションまたはサービスの構成要素となるリソースのセットの選択に集中できます。

テンプレートを使う

テンプレートでは、抽象モデルや通常まとめてデプロイされるリソース(インスタンス テンプレート、インスタンス グループ、オートスケーラーなど)を作成するための構成要素を利用できます。このようなテンプレートはパラメータ化が可能で、デプロイするイメージ、デプロイするゾーン、デプロイする仮想マシン台数などの変数を変えることで、何度でも再利用できます。

特徴

並行的なデプロイメント

同時に多数のリソースを並行してデプロイできます。

テンプレート

Python テンプレートと Jinja2 テンプレートでは、デプロイするリソースをプログラムで制御できます。

更新

デプロイするリソースの追加、削除、変更ができます。

入出力パラメータ

ゾーン、マシンサイズ、マシン台数、状態(テスト、本番、ステージング)などの変数をテンプレートに渡すと、割り当てられた IP アドレスやインスタンスへのリンクなどの出力値が返されます。

スキーマ ファイル

JSON スキーマを使い、パラメータを定義したり、制限したりします。

参照

あるリソース定義から他のリソースを参照できます。この場合、依存関係が生じ、リソースの作成順序が制御されます。

プレビュー モード

変更内容を commit する前に、Deployment Manager によって作成または更新オペレーションがどのような変化するかを確認できます。

コンソール UI

Google Cloud Console でデプロイメントを表示すると、階層ビューでデプロイメント全体を一望できます。

Wix Media Group では、Deployment Manager を使用して、Google Cloud Platform 上でデプロイメントを作成、管理しています。このツールにより、さまざまな場所でのシステム デプロイが簡単になり、新しいサービスを開始するのに必要な制御が可能になり、いくつかの異なるコード バージョンを同時にデプロイする柔軟性がもたらされます。

- Wix Media Group インフラストラクチャ テクニカル リーダー Golan Parashi 氏

技術リソース

料金

Google Cloud Platform のお客様は、Deployment Manager を追加料金なしでご利用いただけます。

次のステップ

Google Cloud をご利用のお客様には、最大 12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料トライアル
開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用