Cloud Bigtable 用 Cloud SDK のインストール

Google Cloud Platform Console の代わりに、Cloud SDKcbt コマンドライン ツールを使用して、コマンドラインから Cloud Bigtable インスタンスを管理できます。

ツールのインストール

コマンドライン ツールをインストールするには:

  1. Cloud SDK をインストールします。この SDK には gcloud コマンドライン ツールが用意されています。

    Cloud SDK をインストール済みの場合は、次のコマンドを実行して最新の状態かどうか確認します。

    gcloud components update
    
  2. cbt ツールとともに、Cloud SDK の beta コンポーネントをインストールまたは更新します。

    gcloud components install beta cbt
    
  3. PROJECT_ID を、Cloud Bigtable インスタンスが配置されているプロジェクトに置き換えて、gcloud ツールのデフォルト プロジェクトを設定します。

    gcloud config set project PROJECT_ID
    

これで、Cloud Bigtable 用の gcloud ツールと cbt ツールを使用できるようになりました。

ヘルプの表示

gcloud ツールの場合、Cloud Bigtable を操作する各コマンドは、gcloud bigtable または gcloud beta bigtable で始まります。各コマンドのヘルプを参照するには、リファレンス ドキュメントまたはベータ版リファレンス ドキュメントを参照するか、gcloud ツール自体を使用してヘルプを表示します。

gcloud bigtable clusters --help  # help for all commands
gcloud bigtable clusters create --help  # help for the `create` command

cbt ツールの場合、リファレンス ドキュメントからヘルプを表示するか、cbt ツール自体を使用してヘルプを表示します。

cbt help  # view a list of commands and help for all commands
cbt help createtable  # help for the `createtable` command

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント