cbt ツールの概要

cbt ツールは、Cloud Bigtable でさまざまなオペレーションを行うためのコマンドライン インターフェースです。Go で記述されており、Cloud Bigtable 用 Go クライアント ライブラリが使用されています。cbt ツールのソースコードは、GitHub リポジトリ GoogleCloudPlatform/google-cloud-go にあります。このリポジトリは code.googlesource.com/gocloud のミラーです。

Cloud Bigtable の概要については、Cloud Bigtable の概要をご覧ください。

cbt ツールのインストール

cbt ツールは、Cloud SDK コンポーネントとしてインストールできます。また、標準の go ツールでインストールすることもできます。

Cloud SDK

複数の Google Cloud プロダクトを使用する場合は、このインストール パスをおすすめします。

  1. Cloud SDK をインストールします
  2. 次のコマンドを実行します。

      gcloud components update
      gcloud components install cbt
    

    ツールがすでにインストールされている場合は、ターミナル ウィンドウに All components are up to date. というメッセージが表示されます。

Go ツール

go ツールの最新安定版がインストールされている場合は、次のコマンドを使用して cbt ツールをインストールできます。

go get -u cloud.google.com/go/bigtable/cmd/cbt

インストールの確認

cbt コマンドを実行して、ツールのインストールを確認します。

cbt listinstances

ターミナル ウィンドウに Instance NameInfo という 2 つの列が表示されます。

.cbtrc ファイルの作成

  1. ご自分のプロジェクトとインスタンスを使用するように cbt を構成します。そのためには、.cbtrc ファイルを作成し、project-id を Cloud Bigtable インスタンスの作成先であるプロジェクトの ID に置き換えます。

       echo project = project-id > ~/.cbtrc
       echo instance = quickstart-instance >> ~/.cbtrc

  2. .cbtrc ファイルを正しく設定したことを確認します。

       cat ~/.cbtrc

    ターミナルに .cbtrc ファイルの内容が次のように表示されます。

    project = project-id
    instance = quickstart-instance

    これで、インスタンスで cbt ツールを使用できるようになりました。

cbt ツールの使用

使用可能なコマンドのリストなど、cbt ツールの使用方法については、cbt リファレンスをご覧ください。