Console でクエリ統計を表示する

このページでは、Google Cloud Platform Console を使用して、直近の期間で合計 CPU 使用率が最も高かった Cloud Spanner データベースの SQL クエリの統計を表示する方法について説明します。

このようなクエリのパフォーマンス データを SQL で取得する方法については、クエリ統計テーブルをご覧ください。

Cloud Spanner がキャプチャするデータを理解する

GCP Console に表示される統計情報は、一定期間におけるクエリのすべての実行の集計であり、クエリの個々の実行に関する情報ではありません。Cloud Spanner がすべてのクエリ実行をキャプチャするわけではなく、クエリが実行される頻度が低いほど、Cloud Spanner がクエリに対する指標をキャプチャしない可能性が高くなります。

クエリ統計にはデータベース内の任意のテーブルに対する SQL クエリが含まれる可能性があります。そのため、情報スキーマ テーブルやさらにはクエリ統計テーブルに対してクエリを実行すると、それらのクエリがクエリ統計に反映される可能性があります。

GCP Console で [クエリの統計データ] タブに表示される情報の基礎となるテーブルの詳細については、クエリ統計テーブルをご覧ください。

個々のクエリのパフォーマンスに関する詳細については、Cloud Spanner によるクエリの実行方法を理解するをご覧ください。

集計を改善するためのクエリ パラメータの使用

クエリ パラメータを使用することをおすすめします。これにより、クエリのパフォーマンスが向上するとともにクエリ統計の追跡の精度が向上します。Cloud Spanner は統計を SQL クエリのテキストごとにグループ化します。クエリでクエリ パラメータを使用する場合、すべての実行は 1 行にグループ化されます。クエリで文字列リテラルが使用される場合、クエリテキスト全体が同一の場合のみ統計がグループ化され、いずれかのテキストが異なっていれば、各クエリは別々の行として表示されます。

GCP Console でのクエリ統計の表示

GCP Console では、合計 CPU 使用率が最も高い、データベースでのクエリの要約統計が表示されます。統計には、合計 CPU 使用率、実行数、平均待ち時間、および平均 CPU 秒数などが含まれます。[クエリの統計データ] タブから、統計の期間を選択し、個々のクエリを調査できます。

最も CPU を使用した直近のクエリを表示するには、以下のステップに従ってください。

  1. Cloud Spanner インスタンス ページに移動します。

    インスタンスを表示する

  2. データベースが含まれているインスタンスの名前をクリックします。

  3. [概要] タブで、データベースの名前をクリックします。[データベースの詳細] ページが表示されます。

  4. [クエリの統計データ] をクリックします。

    このリストでは、直近のまる 1 分間のうち、合計 CPU 使用率が最も高いクエリが表示されます。GCP Console ではリストの下に、時間間隔が終了した時刻が表示されます。

  5. クエリ統計の期間を変更するには、[10 分]、[1 時間]、または [24 時間] をクリックします。

[クエリの統計データ] タブから、特定のクエリに関する追加の指標を表示できます。

  1. 追加の指標を表示するクエリをクリックします。

    [詳細] パネルにクエリ指標が表示されます。

  2. [情報パネル] で、[クエリを開く] をクリックします。

    GCP Console にクエリが表示されます。これで、クエリを実行し、クエリ実行プランを表示できるようになります。

GCP Console と情報パネルには、いくつかのクエリ統計が表示されます。

統計情報 説明
合計 CPU 使用率 クエリのすべての実行について使用された合計 CPU 時間。
実行回数 Cloud Spanner が一定期間内にクエリを検出した回数。
平均レイテンシ データベース内での各クエリ実行の平均時間(秒単位)。この平均からは、オーバーヘッドだけでなく、結果セットのエンコードおよび伝送時間も除外されます。
平均 CPU 時間 Cloud Spanner がクエリを実行するためにすべての操作に費やした CPU 時間の平均秒数。
平均スキャン行数 クエリがスキャンされた平均行数(削除された値を除く)。
返された平均行数 クエリから返された平均行数。
スキャンされた平均バイト数 クエリでスキャンされた平均バイト数。
返された平均バイト数 送信エンコードのオーバーヘッドを除いた、クエリから返されたデータの平均バイト数。

次のステップ

SQL クエリを使用してクエリ統計を取得する方法について学習します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Spanner のドキュメント