設定

このページでは、Cloud Spanner API の使用前に必要な設定手順について説明します。

API を使用せずに Cloud Spanner を利用する場合には、Console を使用したクイックスタートをご覧ください。

始める前に

開発マシンには、以下がインストールされている必要があります。

Cloud Console プロジェクトを設定する

  1. Google Cloud Console の [スナップショット] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. 新しい Cloud Console プロジェクトを作成するか、プロジェクト名をクリックして既存のプロジェクトを開きます。
  3. ターミナル ウィンドウを開き、MY_PROJECT_ID をプロジェクト ID(プロジェクト名ではない)を置き換えることで、gcloud コマンドライン ツールのデフォルト プロジェクトとしてプロジェクトを設定します。

    gcloud config set project MY_PROJECT_ID
  4. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  5. Cloud Spanner の料金についてもご確認いただけます。

  6. プロジェクトに対して Cloud Spanner API を有効化します。

    Cloud Spanner API を有効にする

認証と権限付与の設定

Cloud Spanner は API の認証と権限付与に OAuth 2.0 を使用します。

開発中とテスト中にローカルでコードを実行するには、Google Cloud SDKgcloud コマンドライン ツール)とアプリケーションのデフォルト認証情報を使用します。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

gcloud auth application-default login

gcloud auth application-default login コマンドを使用して認証すると、アプリケーションのデフォルト認証情報を使用する API クライアント ライブラリが、作成された認証情報を自動的に選択します。このコマンドは、ローカル ユーザー環境ごとに 1 回だけ実行する必要があります。

gcloud コマンドライン ツールの実行

開発環境と認証を設定したら、gcloud コマンドライン ツールを実行して、Cloud Spanner を操作します。

gcloud spanner instance-configs list

プロジェクトからアクセスできる Cloud Spanner インスタンスの構成一覧(リージョン構成とマルチリージョン構成を含む)が表示されます。詳細については、インスタンスをご覧ください。

これで設定は完了しました。

次のステップ

Cloud Client ライブラリを使用して Cloud Spanner インスタンス、データベース、テーブル、インデックスを作成します。さらに、Cloud Spanner でデータの保存、読み取り、クエリを実行します。