Infrastructure as code

プロビジョニング、構成、デプロイなどの繰り返し可能なタスクを、1 台のマシンから数百万台ものマシンに対して自動化します。

DevOps インフラストラクチャ

インフラストラクチャをソフトウェアのように扱う

インフラストラクチャをコードと捉えると、コストの削減、リスクの低減、デプロイ時間の短縮が実現します。使い慣れたツールを利用して Google Cloud 上でリソースをプロビジョニングして管理できます。

GCP が IaC に適している理由

環境全体をプロビジョニングして構成する

インフラストラクチャやネットワーキング、負荷分散、Cloud IAM などの機能を備えた繰り返し可能な環境を、簡単な構成ファイルとコマンドで構築できます。本番環境との等価性を保証しながらステージング、テスト、QA の一貫した環境を一時的に構築することでコストを削減できます。変化を積極的に取り入れてインフラストラクチャを弾力的に運用できる DevOps 方式を採用しましょう。

使い慣れたツールを活用する

Google 独自の Cloud Deployment Manager(DM)に加え、Google の専門のエンジニア チームが GCP をサードパーティのオープンソース ツールで利用できるようにする取り組みを行っています。お客様は、複雑な DevOps イニシアティブを準備したり新しい技術を学んだりする必要はなく、長期的な目標に集中できます。

一貫性のある体験

クラウドとオンプレミスのどこでもで一貫性のある体験ができます。Google は主要なオープンソース ツールの開発に関与し支援しており、お客様は使い慣れたツールや技術を利用することで導入初期に必要な時間や学習の手間を省くことが可能です。この一貫性があるおかげで、クラウド技術を短時間で導入し、リフト&シフト、移行&改善、ハイブリッド クラウド、マルチクラウドなどのデプロイ方法を試すことができます。

1 台でも 100 万台でも変わらないマシン管理

Infrastructure as Code(IaC)のメリットを実感できるのはマシンを管理する手間が 1 台でも 100 万台でも変わらない点です。従属するリソースをネットワーク、ストレージ、データベース、ユーザー、アクセス許可などと同様に簡単に管理できます。組織の規模が拡大してインフラストラクチャのリソース数がどれほど増えても、Infrastructure as Code 機能は柔軟に対応できます。

チームによる協力関係の構築

インフラストラクチャや構成をコードととらえることで従来のアプリケーション開発やオペレーションのリソースに関するメリットを活かすことができます。IaC は開発者とオペレーターの間の協力を促進する最適な方法の 1 つでもあります。インフラストラクチャをコードとしてとらえれば、チームのコード レビューに気軽に参加し、CI/CD パイプラインを構築し、完全な変更履歴を取得できます。また、誤ったインフラストラクチャの変更を即座にロールバックしたり、障害復旧のために新しい環境を構築したりすることができます。

ワークフローを操作する

IaC は、既存のワークフローに大幅な変更を加えずに、Google Cloud Platform のあらゆる場所でリソースを簡単に作成、更新、削除できるようにします。共通の言語が用意されており、これで組織の垣根が取り払われ、生産性が向上します。さらに IaC はロール(役割)ごとに一貫性のある体験ができるようにします。

Google Cloud の IaC ツール

リソース

Google Cloud の IaC に関するチュートリアル、ソリューション例、ブログをご覧ください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めてご利用の場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。