Cloud Monitoring エージェントを構成する

このページでは、Monitoring エージェントが Linux VM から収集する組み込み指標を構成する方法について説明します。このページの内容は、Monitoring エージェントのデフォルト構成を変更する必要があるシステム管理者を対象としています。

Windows VM にインストールされている Monitoring エージェントは構成できません。

このページでは、サードパーティ アプリケーションをモニタリングするように Monitoring エージェントを構成する方法と、エージェントを使用してカスタム指標を収集する方法については説明しません。これらのトピックについては、次のページをご覧ください。

始める前に

VM に Monitoring エージェントをまだインストールされていない場合は、Monitoring エージェントのインストールをご覧ください。

デフォルトの Monitoring エージェント構成の変更

Monitoring エージェントの構成を変更する手順は次のとおりです。

  1. Monitoring エージェント構成ファイル /etc/stackdriver/collectd.conf を編集します。

  2. 次のコマンドを実行して、Monitoring エージェントを再起動します。

       sudo service stackdriver-agent restart

プロセス指標の収集を停止する

プロセス指標(agent.googleapis.com/processes という接頭辞が付加された指標)の収集を停止する方法については、Linux VM でプロセス指標を無効にするをご覧ください。

レポート対象の CPU 指標の構成

デフォルトでは、Monitoring エージェントは agent.googleapis.com/cpu/utilization 指標タイプを使用して、VM 上のすべての CPU の CPU 使用率をステータス別に合計して報告します。この動作は、構成ファイルで次のように設定して指定します。

  • ValuesPercentage true
  • ReportByCpu false

エージェントが CPU あたりの使用率を報告するように設定する、またはエージェントが CPU 使用時間、agent.googleapis.com/cpu/usage_time、指標を報告するように設定する場合は、これらの設定を変更する必要があります。

  • CPU あたりの agent.googleapis.com/cpu/utilization を報告するように Monitoring エージェントを構成するには、次のようにします。

    • ValuesPercentage はデフォルト値の true のままにします。
    • ReportByCputrue に設定する。
  • CPU あたりの agent.googleapis.com/cpu/usage_time を報告するように Monitoring エージェントを構成するには、次のようにします。

    • ValuesPercentagefalse に設定する。
    • ReportByCputrue に設定する。

Monitoring エージェントは、CPU 使用率または CPU 使用時間のいずれかを報告できますが、両方の指標を報告することはできません。これは collectd の既知の制限です。ReportByCputrue の場合、ValuesPercentage フィールドが使用率または使用時間が報告されるかどうかを決定します。ReportByCpufalse の場合、エージェントが CPU 使用率を報告します。

トラブルシューティング

エージェントのインストールまたは実行に問題がある場合は、エージェントのインストールのトラブルシューティングをご覧ください。