Producer Portal でのプライベート オファーの作成と管理

Google Cloud Marketplace Private Offers バージョン 2 では、Producer Portal でプライベート オファーを作成して特定のお客様への価格をカスタマイズできます。プライベート オファーにより、お客様がカスタム価格で Google Cloud Marketplace プロダクトを購入できます。

プライベート オファーを送信すると、お客様が購入を確認できる Google Cloud Marketplace の購入ページに移動します。購入を確認した後、お客様はプロダクト タイプに応じてさまざまな手順を行います。

SaaS プロダクトの場合、オファー契約が開始されると、お客様が Google Cloud Marketplace から直接プランを登録した場合と同じように、プロダクトを使用できます。お客様が公開プランを使用してプロダクトに対してすでに支払いを行っている場合、オファー契約が開始されるとすぐにプライベート オファーの料金に切り替わります。

VM プロダクトの場合、お客様は VM をデプロイまたは構成できます。オファー契約が開始されるとすぐに、既存の VM インスタンスと新しい VM インスタンスの使用量は割引されます。

このページでは、Private Offers バージョン 2 の次のタスクを行う方法について説明します。Producer Portal にアクセスできない場合は、パートナー ポータルの Private Offers を使用したプライベート オファーの作成をご覧ください。または、パートナー エンジニアに連絡してプレビューへのアクセスをリクエストしてください。

オファーを作成するときは、Google Cloud Marketplace プロダクトの既存の料金プランに基づいて料金モデルを選択し、支払いスケジュールと契約期間を決定する必要があります。料金の詳細については、プライベート オファーの料金の選択をご覧ください。

始める前に

  • プロダクトが Cloud Marketplace と統合され、Cloud Marketplace に登録されている必要があります。少なくとも 1 つの料金プランが公開されている必要があります。
  • お客様の Cloud 請求先アカウント ID が必要です。アクティブなプライベート オファーに置き換える場合は、同じ Cloud 請求先アカウントを使用する必要があります。ID がわからない場合は、お客様に確認してください。
  • プロダクトを管理する Google Cloud プロジェクトには、次の Identity and Access Management(IAM)のロールが必要です。

    • プロジェクト編集者(roles/editorまたは
    • Commerce Producer 閲覧者(roles/commerceproducer.viewerかつ Commerce Price Management Private Offers 管理者(roles/commercepricemanagement.privateOffersAdmin

    ロールがない場合は、プロジェクト オーナー(roles/owner)にアクセス権をリクエストします。アクセス権の付与の詳細については、IAM のドキュメントでリソースへのアクセス権の付与、変更、取り消しをご覧ください。

  • SaaS プロダクトの場合は、使用量を追跡するエンタイトルメントが設定されていることを確認してください。手順については、アプリのバックエンドをプライベート オファーに統合するをご覧ください。

オファーの作成

次のセクションでは、プライベート オファーを設定して公開する方法について説明します。アクティブなオファーを置き換えるオファーを作成する場合は、オファーの置き換えに移動して、代替オプションを確認してください。

Producer Portal を使用してプライベート オファーを作成します。Producer Portal の直接リンクは次のとおりです。

https://console.cloud.google.com/producer-portal?project=YOUR_PROJECT_ID

YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID は、Google Cloud Marketplace プロダクトの管理に使用する Google Cloud プロジェクトに置き換えます。

プロダクトとお客様の詳細の追加

プライベート オファーの設定を開始するには、オファーを作成し、プロダクトとお客様に関する情報を入力します。

  1. Producer Portal で [Private Offers] ページに移動し、[オファーを作成] をクリックします。ページへの直接リンクは次のとおりです。

    https://console.cloud.google.com/producer-portal/private-offers
    
  2. [プロダクトとプラン] で、オファーに使用するプロダクトと料金プランを選択します。オファーに定額料金モデルを使用している場合は、機能のリストをカスタマイズするよう求められます。

  3. [NEXT] をクリックします。

  4. [顧客の詳細] で、オファー対象の組織、名前、Cloud 請求先アカウントを指定します。組織と名前は、お客様が受け取るオファーページに表示されます。[NEXT] をクリックします。

  5. [セールス担当者の詳細] で、オファーに関して、お客様からご質問がある場合やサポートが必要な場合の連絡先を入力します。[NEXT] をクリックしてオファー料金の詳細に進みます。

オファー料金の設定

[オファー料金の詳細] で、オファーの料金モデル、支払いスケジュール、契約期間に関する情報を入力します。

料金と支払いの詳細

以下のオファーの料金モデルと支払いスケジュールの詳細を入力します。

CUD(SaaS および VM)

確約利用割引(CUD)料金モデルの場合は、次のように入力します。

  1. [料金モデル] で [確約利用割引] に移動し、使用する CUD オプションを選択します。

  2. 支払いスケジュールとして [前払い] または [後払い] を選択します。

  3. コミットメントの支払い金額を入力します。

  4. 割引率を入力します。

従量制(SaaS および VM)

従量制料金モデルの場合は、次のように入力します。

  1. [料金モデル] で [使用量のみ] に移動し、[コミットメントなしの使用量割引] を選択します。

  2. 割引率を入力します。

定額制(SaaS)

ソフトウェアにアクセスするお客様に定額料金を設定する場合、オファーの料金モデルは自動的に定額料金に設定されます。お支払い情報を入力し、次の手順に進みます。

  1. 支払いスケジュールとして [前払い] または [後払い] を選択します。

  2. 支払い金額を入力します。

使用量料金を含む定額料金(SaaS)

ソフトウェアにアクセスするお客様に定額料金を設定し、さらに使用量に基づいて追加料金を請求する場合、オファーの料金モデルは自動的に割引の使用量料金を含む定額料金に設定されます。お支払い情報を入力し、次の手順に進みます。

  1. 支払いスケジュールとして [前払い] または [後払い] を選択します。

  2. 支払い金額を入力します。

  3. 使用料の割引率を入力します。

契約と購入の詳細

料金と支払いのセクションを入力したら、契約と購入の詳細を指定します。

  1. オファーの [契約期間] を月数で設定します。

  2. お客様がプライベート オファーを受け入れる購入期限を設定します。期限の日付は、今日から 3 か月以内である必要があります。オファーを置き換える場合、期限は現在のオファーの終了日より前にする必要があります。オファーが期限切れになるのは、選択した日付の米国とカナダの太平洋時間(UTC-8)の午前 12 時です。

  3. 必要に応じて、契約期間の終了時にお客様がオファーを自動更新できるようにするチェックボックスをオンにします。

  4. [NEXT] をクリックします。

オファーの確認と公開

オファーの詳細の入力が完了したら、内容を確認して公開できます。公開すると、すぐにお客様と共有できるオファーの URL を受け取ります。

オファーを公開するには:

  1. [確認して公開] で、オファーの詳細を確認します。オファーをアクティブなオファーと置き換える場合は、オファー変更の概要のテーブルも表示され、変更を確認できます。

  2. 必要に応じて、[オファーをプレビュー] をクリックして、お客様へのオファーの表示方法を確認します。

  3. [公開] をクリックします。

  4. ポップアップ ウィンドウで、[URL を生成] をクリックします。

オファーはすぐに有効になります。これで、URL をコピーしてお客様に送信でるようになりました。

オファーの送信

オファーの URL を生成したら、お客様が確認し購入できるようオファーを送信する必要があります。お客様はオファーを 1 回だけ購入できます。SaaS プロダクトを提供している場合は、お客様が購入を完了した後に、オファーの購入も承認する必要があります。

オファーをメールで送信する際は、顧客に次の手順を説明します。

  • オファーに含まれる Cloud 請求先アカウントに関して、お客様が正しい IAM 権限を持っていることを確認します。お客様がオファーを表示して購入するには、請求先アカウント管理者roles/billing.admin)のロール、または請求先アカウント ユーザー(roles/billing.userと Consumer Procurement Order 管理者(roles/consumerprocurement.orderAdmin)のロールが必要です。

    連絡先にアクセスする必要がある場合は、組織管理者または請求先アカウント管理者に問い合わせてもらうことをおすすめします。

  • メール内で、Google Cloud Marketplace のお客様向けプロセスを説明する、プライベート オファーの受け入れに関するドキュメントを共有します。

次の例では、プライベート オファーを Google Cloud Marketplace の顧客に送信する場合のベスト プラクティスを使用しています。

[お客様名]

[組織名] をご利用いただき、ありがとうございます。以下より、Google Cloud で[プロダクト名] のプライベート オファーをご覧いただけます。

[プライベート オファーの URL]

このオファーは 1 回のみ購入できます。

オファーを確認して購入するには、関連する Cloud 請求先アカウントに対する特定の IAM 権限が必要です。要件と、オファーを受け入れる方法の詳細については、Google Cloud Marketplace のドキュメントで プライベート オファーの受け入れをご覧ください。さらにサポートが必要な場合は、Google Cloud カスタマー エンジニアにご連絡ください。

このオファーについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご利用をお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします。

[署名]

オファーのステータスの表示

プライベート オファーのステータスを表示するには、Cloud Console で Producer Portal の [Private Offers] のページに移動します。

 https://console.cloud.google.com/producer-portal/private-offers
 

すべてのオファーを含む表が表示されます。各オファーの状態を把握するには、オファーの [ステータス] 列で確認してください。

オファーのステータス Description
下書き オファーはドラフト段階です。公開するまでは、引き続きオファーを変更できます。
公開済み 特典が公開されました。これで、オファーの URL を顧客に送信して確認してもらうことができます。
承認済み お客様がオファーを承認し、オファーは承認のため保留中になりました。
スケジュール設定済み オファーを承認しました。オファーは、契約開始日に有効になるようスケジュール設定されています。
有効 オファーは開始され、お客様はオファーを積極的に使用しています。
失効 顧客がオファーを受け取らず、オファーの有効期限が切れました。
期限切れ オファーの契約期間が終了し、アクティブでなくなりました。
使用不可 オファーは、サポートが終了した古いオファーです。

オファーの置き換え

公開済みオファーを変更、キャンセル、削除することはできません。代わりに、アクティブなオファーを置き換えるには、同じお客様の Cloud 請求先アカウントを使用して新しいオファーを作成する必要があります。契約期間と料金の詳細は、置換オファーで変更できます。

現時点では、後払いの支払いスケジュールを使用するオファーのみを置き換えることができます。

料金の詳細の変更

置換オファーの場合は、現在のオファーで使用する料金モデルに基づいて特定の料金の詳細を変更できます。

  • 現在の料金モデルが CUD の場合、コミットメントと割引率を変更できます。CUD モデルのタイプ(コミットメント割引と正規価格の追加使用量、またはすべての使用量割引を適用したコミットメント)は変更できません。
  • 現在の料金モデルが従量制の場合、割引率を変更するか、モデルを CUD モデルに置き換えることができます。
  • 現在の料金モデルが定額料金(SaaS)の場合は、支払い金額と機能のリストを変更できます。従量制料金モデルに切り替えることはできません。

置換タイプの選択

新しいオファーの料金を設定する場合、次のいずれかの置換オプションを選択するように求められます。

  • 現在のオファーを新しい契約の詳細に置き換える契約期間を変更または延長し、必要に応じて料金の詳細を変更します。また、置換を即時(承認後に開始)にするか、遅延(アクティブなオファーが終了した時点で開始)にするかも指定する必要があります。
  • 契約日はそのままで、料金の詳細のみを変更する既存の契約終了日は変更せず、コミットメントや割引率などの料金の詳細を更新します。

購入期限には、今日から 3 か月未満、かつアクティブなオファーの終了日より前の日付を選択する必要があります。オファーを確認すると、2 つのオファー間の変更点をまとめた表が表示されます。オファーの公開後、確認して購入できるように新しいオファー URL をお客様に送信します。

置換オファーを作成するには、cloud-partner-onboarding@google.com にお問い合わせください。

プライベート オファー用の Google Cloud Marketplace レポートの使用

Google Cloud Marketplace プロダクトに関して受信するレポートには、プライベート オファーに関する情報が含まれます。

レポートには、プライベート オファー用の次のフィールドが表示されます。

  • Quote_id: Iプライベート オファーから収益を生成した場合は、オファーのプロダクトと請求先アカウントに関連付けられた見積もり ID。
  • Quote_creator: プライベート オファーから収益を生成した場合は、オファー作成者のメールアドレス。
  • 支払いスケジュール: 顧客がプライベート オファーの支払いを行うスケジュール(前払いまたは後払い)。
  • 前払いクレジット: 前払いの支払いスケジュールを使用するプライベート オファーの場合の、前払いクレジットの相殺金額。

レポートに関する追加のフィールドと情報については、Google Cloud Marketplace プロダクトのレポートをご覧ください。