特定の顧客向けの Private Offers の作成

Google Cloud Marketplace Private Offers では、特定の顧客向けに Kubernetes アプリ、マネージド サービス、仮想マシン(VM)イメージ(アルファ版)のカスタム オファーを作成できます。このオファーにより、顧客は割引価格で Google Cloud Marketplace プロダクトを購入できます。

顧客がオファーを開くと、Google Cloud Marketplace の購入ページに移動します。そこで購入内容を確認して、ソリューションに登録することができます。登録後は、Google Cloud Marketplace から直接プランに登録したかのようにソリューションを使用できます。

始める前に

  • ソリューションは Google Cloud Marketplace に統合され、リストされている必要があります。少なくとも 1 つの料金プランが公開されている必要があります。

IAM ロールを設定する

デフォルトでは、顧客向けのオファーを作成するには、組織内のユーザーにプロジェクト編集者のロールが付与されている必要があります。ユーザーにきめ細かい権限を与える場合は、Cloud SDK を使用してカスタムロールを作成することをおすすめします。

ユーザーのロールを設定するには、プロジェクト編集者またはプロジェクト オーナーのロールが必要です。

カスタムロールを作成するには、Cloud SDK をインストールして設定してから、次のコマンドを実行します。

gcloud iam roles create cloudcommerceinventory.quoteCreator \
  --permissions='cloudcommerceinventory.quotes.create' \
  --title='Commerce Inventory Quote Creator' \
  --description='Ability to create quotes' \
  # use --project to create the role at the project level,
  # or --organization to create the role at the organization level
  --project=YOUR_PROJECT_ID
  --organization=YOUR_ORGANIZATION_ID

ロールをユーザーに割り当てるには、Identity and Access Management(IAM)のドキュメントに記載されている手順に沿って、Commerce Inventory Quote Creator のロールをユーザーに付与します。

プロダクトの割引レベルを設定する

特定の顧客向けのカスタムオファーを作成する場合、プロダクトの料金プランに基づいて、提供する割引レベルを設定する必要があります。割引は、Google Cloud Marketplace の正規価格に基づいている必要があります。

割引レベルを事前に設定して、オファーの作成プロセスを迅速にしたり、オファーの作成中に新しい割引レベルを作成したりできます。

割引レベルを作成するには、次の手順を行います。

  1. パートナー ポータルで、[Private Offers] をクリックしてオファーページを開きます。ページへの直接リンクは次のとおりです。

    https://console.cloud.google.com/partner/private-offers?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID
    
  2. [割引を設定] をクリックします。

  3. [割引の設定] パネルで、割引を設定する商品を選択します。

  4. 最初の割引レベルの割引率を追加し、割引を適用する料金プランを選択します。たとえば、Enterprise プランに対して 10% の割引を追加します。

  5. 別の割引レベルを追加するには、[行を追加] をクリックして、上記の手順を繰り返します。

  6. すべての割引レベルを追加したら、[設定] をクリックします。

さらに割引レベルを追加する場合、または別のプロダクトに割引レベルを追加する場合は、これらの手順を繰り返します。

オファーの作成

特定の顧客への販売ごとに、新しいオファーを作成する必要があります。

  1. オファーを開始するには、[オファー] ページを開きます。ページへの直接リンクは次のとおりです。

    https://console.cloud.google.com/partner/private-offers?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID
    
  2. [見積もりの作成] をクリックします。

  3. [見積もりの作成] ページで、組織名、連絡先など、顧客に表示される情報を追加します。顧客がオファーを正しく理解できるように、詳細な情報を含めるようにします。顧客へのオファーの送信は後で行います。

  4. オファーを作成する Google Cloud Marketplace プロダクトを選択します。前に作成した割引レベルを選択します。

    割引レベルを作成していない場合、または新しい割引レベルを設定する場合は、[新しい割引を設定] をクリックして割引率を追加します。

  5. 顧客に最終価格を表示し、割引レベルを非表示にするには、[顧客に割引価格のみを表示する] を選択します。

  6. [購入期限] から、オファーの有効期限を選択します。

  7. [オファー期限] メニューから、顧客が見積価格を支払う期間を選択します。オファー期間がすぎた後は、顧客は割引なしで、プランの正規価格を支払います。顧客へのカスタム価格プランを継続する場合は、現在のオファー期間の終了時に、新しいオファーを設定する必要があります。

    新しいオファーを顧客に送らない場合、顧客は Google Cloud Marketplace リストからいずれかのプランに登録する必要があります。

  8. 必要に応じて、顧客への注記事項を追加できます。

  9. 必要に応じて、内部 ID を割り当て、自社チームへの注記事項を追加できます。ID と注記事項はお客様には表示されません。内部 ID はたとえば、CRM(顧客関係管理)ソフトウェアでお客様を追跡するために使用できます。

  10. オファーをドラフトとして保存するには、[ドラフトを保存] をクリックします。

  11. 顧客にオファーを送信する準備ができたら、[URL を生成] をクリックして、URL を顧客と共有します。顧客はこの URL にアクセスして、オファーを確認し、承認します。

オファーの送信

オファーの URL を生成したら、顧客がオファーを確認し承認できるよう送信する必要があります。オファーをメールで送信する際は、顧客に次の手順を説明します。

  • オファーを処理するために、顧客の組織の正しい連絡先を確認します。オファーを受け入れるには、Google Cloud アカウントと、対象の Cloud 請求先アカウントまたは Google Cloud 組織の課金管理者roles/billing.admin)、およびオファーの受け入れ先である Google Cloud プロジェクトのプロジェクト閲覧者roles/viewer)を含む適切な IAM ロールが必要です。連絡先にアカウントや正しいロールがない場合は、組織管理者または Google カスタマー エンジニアに問い合わせるようおすすめします。

  • メール内で、Google Cloud Marketplace のお客様向けプロセスを説明する、プライベート オファーの受け入れに関するドキュメントを共有します。

次の例では、プライベート オファーを Google Cloud Marketplace の顧客に送信する場合のベスト プラクティスを使用しています。

お客様名

組織名をご利用いただき、ありがとうございます。以下より、Google Cloud Marketplace でプロダクト名のプライベート オファーをご覧いただけます。

プライベート オファーの URL

このオファーは 1 回のみご利用いただけます。

このオファーを受け取るには、Google Cloud アカウントと、オファーを Cloud 請求先アカウントおよびプロジェクトで受け入れるための 特定の IAM 権限が組織に必要です。要件とオファーの受け入れ方法の詳細については、プライベート オファーの受け入れに関する Google Cloud Marketplace ドキュメントをご覧ください。サポートが必要な場合は、Google Cloud カスタマー エンジニアにご連絡ください。

このオファーについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご利用をお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします。

[署名]