ドメイン名を確認する

すでにドメイン名(たとえば example.com)を所有している場合にそのドメイン名を Cloud Endpoints サービス名として使用するには、そのドメインを使用する権限があることを証明する必要があります。自分のドメイン名がわからない場合は、Google が管理するドメインを使用できます。その場合、所有権を検証する必要はありません。

このページでは、Google Cloud Platform(GCP)で実行される API に使用するドメイン名の所有権を検証する方法について説明します。

サービス名の要件

通常は、自分のドメイン名と同じになるように Endpoints サービス名を構成します。Endpoints には、サービス名に関する以下の要件があります。

  • ドメイン名の最大長は 253 文字です。
  • ドメイン名の先頭は英小文字にしてください。
  • ドットで区切られたドメイン名の各セクションには、以下の要件があります。
    • 先頭は小文字にしてください。
    • 最後の文字としてダッシュを使用しないでください。
    • 使用できる文字は、小文字、数字、ダッシュです。
    • 最大長は 63 文字です。

所有権の確認

Endpoints 構成を最初にデプロイできるのは、ドメイン名の所有権を確認済みのユーザー アカウントのみです。最初のデプロイが完了したら、ユーザー、グループ、サービス アカウントに対して、より制限の厳しい Service Config 編集者の役割を付与できます。詳細については、API へのアクセス権の付与と取り消しをご覧ください。

ドメイン名の所持の確認方法:

  1. Google ウェブマスター セントラルに移動します。

  2. [プロパティの追加] をクリックします。

  3. ドメイン名を入力します。

  4. [続行] をクリックします。

  5. [ドメイン確認方法] ページで [別の方法] タブをクリックします。

  6. [ドメイン名プロバイダ] をクリックして、リストからプロバイダを選択します。

    Webmaster Central UI

  7. [ウェブマスター セントラル] タブの指示に従って操作し、その後 [確認] をクリックします。

デベロッパーに委任する

ドメインの所有者であることが Web Central で確認できた後は、権限を組織内のデベロッパーや、サブドメインに委任することも可能です。これにより、デベロッパーはドメインの所有権を自分で検証しなくても、Endpoints API を作成できます。

委任については、ユーザー、所有者、権限の管理をご覧ください。

ドメインでの SSL の構成

ドメインで SSL を構成することも可能です。認証の種類によっては SSL が必要となります。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

OpenAPI を使用した Cloud Endpoints
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。