LINE

Dialogflow と LINE を統合すると、Dialogflow テクノロジーをベースに、自然言語を理解する LINE ボットを簡単に作成できます。

LINE の設定

エージェントの LINE 統合を設定するには、次のものが必要です。

  • LINE アカウント
  • モバイル デバイスにインストールされた LINE アプリ

LINE ボットを作成する

  1. LINE のガイドの Messaging API を始めように従って、プロバイダと Messaging API チャネル(まだ作成していない場合)を作成します。
  2. LINE Developers コンソールで作成したチャネルから次の情報をコピーします。

    • チャネル アクセス トークン(有効期間が長い)
    • チャネル ID
    • チャネル シークレット

Dialogflow の設定

  1. 左側のパネルで [Manage] タブをクリックします。
  2. 左側のメニューで [Integrations] をクリックします。
  3. [Line] タイルの [Connect] ボタンをクリックします。
  4. 次の情報を入力します。
    • チャネル アクセス トークン
    • チャネル ID
    • チャネル シークレット
  5. 該当する環境を選択します。
  6. [起動] をクリックします。
  7. [Webhook URL] の値をコピーします。

LINE で Webhook を有効にする

LINE のガイドの Webhook URL を設定するに従って、設定を完了します。

テスト

エージェントをテストするには、LINE ガイドの QR コードによる友だちの追加に沿って、bot を会話リストに追加します。QR コードは LINE Developers Console の [Messaging API] タブに表示されます。その後、テスト用に bot にメッセージを送信できます。

リッチ レスポンス メッセージ

リッチ レスポンス メッセージは、フルフィルメントカスタム ペイロードでサポートされています。メッセージの形式については、LINE メッセージ オブジェクトをご覧ください。

たとえば、次のカスタム ペイロードは単純な LINE テキスト メッセージを提供します。

{
  "type": "text",
  "text": "Hello, world"
}

次のカスタム ペイロードは、LINE テンプレート メッセージを提供します。

{
  "type": "template",
  "altText": "this is a buttons template",
  "template": {
    "type": "buttons",
    "thumbnailImageUrl": "https://example.com/bot/images/image.jpg",
    "title": "Menu",
    "text": "Please select",
    "actions": [
      {
        "type": "postback",
        "label": "Buy",
        "data": "action=buy&itemid=123"
      },
      {
        "type": "postback",
        "label": "Add to cart",
        "data": "action=add&itemid=123"
      },
      {
        "type": "uri",
        "label": "View detail",
        "uri": "http://example.com/page/123"
      }
    ]
  }
}