ファジー一致

デフォルトでは、エンティティの一致はいずれかのエンティティ エントリと完全に一致している必要があります。これは 1 単語エンティティのエントリ値や類義語には効果的ですが、複数単語の値や類義語の場合には問題が発生します。たとえば、次のエンドユーザー表現の部分に一致する「ボール」エンティティを考えてみます。

  • 「ボール」
  • 「赤いボール」
  • 「ボール赤い」
  • 「小さいボール」
  • 「ボール小さい」
  • 「小さい赤いボール」
  • 「小さいボール赤い」
  • 「赤い小さいボール」
  • 「赤いボール小さい」
  • 「ボール小さい赤い」
  • 「ボール赤い小さい」

一致が発生するには、通常、エンティティのエントリ値とこれらの置換群のそれぞれに、類義語を定義する必要があります。ただし、ファジー一致が有効な場合、値または類義語の単語の順序は関係ありません。次の場合は、上記のすべての例との一致をトリガーします。

  • 「ボール」
  • 「赤いボール」
  • 「小さいボール」
  • 「小さい赤いボール」

ファジー一致エンティティを作成する

コンソール

  1. Dialogflow CX Console を開きます。
  2. GCP プロジェクトを選択します。
  3. エージェントを選択します。
  4. [Manage] タブを選択します。
  5. [エンティティ タイプ] をクリックします。
  6. [作成] をクリックします。
  7. ファジー一致を確認してください。
  8. 残りのフィールドに入力します。
  9. [保存] をクリックします。

API

EntityType.enableFuzzyExtraction フィールドを true に設定します。

EntityType リファレンスのプロトコルとバージョンを選択:

プロトコル V3 V3beta1
REST EntityType リソース EntityType リソース
RPC EntityType インターフェース EntityType インターフェース
C# 提供なし 利用できません
Go 提供なし 利用できません
Java EntityTypesClient EntityTypesClient
Node.js EntityTypesClient EntityTypesClient
PHP 提供なし 利用できません
Python EntityTypesClient EntityTypesClient
Ruby 提供なし 利用できません

制限事項

次の制限が適用されます。

  • ファジー一致は、正規表現エンティティではファジー一致を有効にできません。これらの機能は相互排他的です。
  • ID、国識別番号などの厳密な値の一致に使用されるエンティティでは、ファジー一致を有効にしないでください。