Google Cloud オペレーション スイートのエージェント

Google Cloud のオペレーション スイートには、Linux および Windows の VM インスタンスで指標を収集するための次のエージェントが用意されています。

どのエージェントを選択すればよいか

  • Ops エージェント: ロギングと指標を単一のエージェントに統合します。標準的な Cloud Logging エージェントに比べてスループットやリソース効率の向上が必要な特殊なロギング ワークロードを対象にしています。このようなワークロードがあり、エージェントでサポートされる機能セットがニーズを満たしている場合は、Ops エージェントを選択してください。また、Windows 用の Monitoring エージェントについては積極的な開発が行われなくなったため、Ops エージェントを使用して Windows VM から指標を収集することをおすすめします。
  • Monitoring エージェント: 仮想マシン インスタンスからシステムとアプリケーションの指標を収集し、収集した情報を Cloud Monitoring に送信します。デフォルトでは、Monitoring エージェントはディスク、CPU、ネットワーク、プロセスの指標を収集します。サードパーティ アプリケーションをモニタリングしてすべてのエージェント指標を取得するように Monitoring エージェントを構成できます。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して Google Cloud のオペレーション スイートが実世界環境でどのように動作するかを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Google Cloud のオペレーション スイートを無料で試す