Redis をモニタリングする

このガイドでは、Redis をモニタリングするように Monitoring を構成する方法を説明します。

Redis は、オープンソースの高度な Key-Value ストアです。値に文字列、ハッシュ、リスト、セット、並べ替え済みセットを含めることができるので、多くの場合、データ構造サーバーと呼ばれます。 詳細については、redis.io をご覧ください。

検出

Monitoring は、以下がある場合に Cloud Platform プロジェクトで実行される Redis サービスを検出します。

  • 名前に redis がある VM インスタンス。
  • ポート 6379 を開くファイアウォール ルール。

検出されたサービスは、Stackdriver Monitoring Console の [Resources] メニューにある [Redis Services] ページに表示されます。

モニタリング エージェントをインストールし、インスタンス上の Redis プラグインを構成した後、Monitoring は、[Redis Services] ページにインベントリや指標を格納します。

Redis モニタリングの構成

Monitoring エージェントは、hiredis クライアント ライブラリを使用して Redis をモニタリングします。Redis をインストールしたら、次のコマンドを実行して、hiredis をインストールします。

  • RHEL & CentOS 6

        curl -O "https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm"
        sudo rpm -Uvh "epel-release-latest-6.noarch.rpm"
        sudo yum install hiredis
    
  • RHEL & CentOS 7

        curl -O "https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm"
        sudo rpm -Uvh "epel-release-latest-7.noarch.rpm"
        sudo yum install hiredis
    
  • Ubuntu 16.04 LTS & Debian 9

        sudo apt-get install libhiredis0.13
    
  • その他の Debian & Ubuntu

        sudo apt-get install libhiredis0.10
    

モニタリングの構成

Redis をモニタリングするには、Monitoring エージェントをインストールした後、VM インスタンスに対して次のアクションを行います。

  1. 次のコマンドで、Redis 構成ファイルredis.conf)をインストールします。

    (cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ \
      && curl -O "https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/redis.conf")
    

    Redis の非標準のホストまたはポートを使用している場合は、ファイルの冒頭の指示に沿って redis.conf を編集します。その他の Redis プラグイン オプションの詳細については、collectd Wiki をご覧ください。

  2. 次のコマンドを実行して、モニタリング エージェントを再起動します。

    sudo service stackdriver-agent restart
    

Redis 指標

Redis 指標の一覧については、Redis エージェント指標をご覧ください。収集した実際の指標と Monitoring のメニューで使用可能な指標は異なる場合があります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。