Ops エージェントの概要

Ops エージェントは、Compute Engine インスタンスからテレメトリーを収集する主要エージェントです。ログ、指標、トレースのコレクションが 1 つのプロセスに統合された Ops エージェントは、ログに Fluent Bit を使用し(これにより、高スループットのロギングをサポート)、指標とトレースには OpenTelemetry コレクタを使用します。

Ops エージェントをインストールするには、Ops エージェントのインストールをご覧ください。

Ops エージェントの機能

全体的な機能は次のとおりです。

ロギング機能

ロギング機能は次のとおりです。

  • 以前の Logging エージェントに比べて向上したパフォーマンス:

    • マルチコア アーキテクチャを最大限に活用できる高スループット機能。
    • リソース(メモリ、CPU など)を効率的に管理。
  • さまざまなソースからのログの収集:

    • 構成なしで標準のシステムログ(Linux の /var/log/syslog/var/log/messages、Windows のイベントログ)を収集。
    • パスと更新間隔をカスタマイズできるファイルベースのログ。
    • ジャーナル デーモン / systemd ログ。
    • TCP プロトコル経由でのログの記録。
    • 転送プロトコル(Fluent Bit と Fluentd が使用)経由でのログの記録。
  • 柔軟な処理:

    • テキストログを解析して構造化ログに変換: JSON ベース正規表現ベースの解析。
    • フィールドの削除、名前変更、設定を行い、ログエントリを変更します。
    • ラベルと正規表現に基づいてログを除外します。
    • Java、Python、Golang について、複数行の言語例外ログを検出して連結します。
  • サードパーティ アプリケーションのサポート

    • 一般的なアプリのログファイルのパスと形式を認識する、キュレートされたサードパーティのアプリケーション ログの統合。

モニタリング機能

モニタリング機能は次のとおりです。

Cloud Monitoring の [指標の管理] ページでは、オブザーバビリティに影響を与えることなく、課金対象の指標に費やす金額を制御するために役立つ情報が提供されます。[指標の管理] ページには、次の情報が表示されます。

  • 指標ドメイン全体と個々の指標での、バイトベースとサンプルベースの両方の課金に対する取り込み量。
  • 指標のラベルとカーディナリティに関するデータ。
  • アラート ポリシーとカスタム ダッシュボードでの指標の使用。
  • 指標書き込みエラーの割合。
[指標の管理] ページの詳細については、指標の使用状況の表示と管理をご覧ください。

トレース機能

トレース機能は次のとおりです。

仮想マシン インスタンス

Ops エージェントは Compute Engine インスタンスにインストールできます。Compute Engine のインスタンスを作成するには、Compute Engine スタートガイドをご覧ください。

次のタイプの VM インスタンスは、サービス固有の Monitoring サポートを実装するマネージド サービスに属します。Ops エージェントを手動でインストールまたは構成しないでください。

  • App Engine スタンダード環境には、Monitoring の組み込みサポートが含まれています。エージェントは必要ありません。
  • App Engine フレキシブル環境のインスタンスには、サービス固有の構成を持つエージェントがプリインストールされています。
  • Dataflow インスタンスには、サービス固有の構成を持つ以前の Monitoring エージェントがプリインストールされています。
  • イメージ バージョン 2.2 より前の Dataproc インスタンスには、サービス固有の構成を持つ以前の Monitoring エージェントがプリインストールされています。

    イメージ バージョン 2.2 以降を使用する Dataproc クラスタに Ops エージェントをインストールし、Syslog ログとホスト指標を収集できます。詳細については、Dataproc 2.2.x リリース バージョンをご覧ください。

  • Google Kubernetes Engine ノード インスタンス:

オペレーティング システム

Ops エージェントは、対応している VM インスタンスで次のオペレーティング システムをサポートしています。Arm VM インスタンスについては、Compute Engine Arm VM のサポートをご覧ください。

Linux オペレーティング システム

エージェントは、次の Linux オペレーティング システムをサポートしています。

  • CentOS 7
  • Rocky Linux 8
  • Rocky Linux 9
  • RHEL 7: rhel-7、rhel-7-9-sap-ha
  • RHEL 8: rhel-8、rhel-8-2-sap-ha、rhel-8-4-sap-ha、rhel-8-6-sap-ha
  • RHEL 9: rhel-9
  • Debian 10(Buster)
  • Debian 11(Bullseye)
  • Debian 12(Bookworm)
  • Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa): ubuntu-2004-lts、ubuntu-minimal-2004-lts
  • Ubuntu 22.04 LTS(Jammy Jellyfish): ubuntu-2204-lts, ubuntu-minimal-2204-lts
  • Ubuntu 23.10(Mantic Minotaur): ubuntu-2310-amd64, ubuntu-minimal-2310-amd64
  • SLES 12: sles-12、sles-12-sp5-sap
  • SLES 15: sles-15、sles-15-sp2-sap、sles-15-sp3-sap、sles-15-sp4-sap、sles-15-sp5-sap
  • OpenSUSE Leap 15: opensuse-leap(opensuse-leap-15-3-*、opensuse-leap-15-4-*)
Compute Engine Arm VM のサポート

Ops エージェントは、Compute Engine の Tau T2A Arm VM インスタンスをサポートします。Ops エージェントは、次の OS イメージ上の Arm VM でサポートされています。

  • Debian 11(Bullseye): Ops エージェント バージョン 2.36.0
  • Debian 12(Bookworm): Ops エージェント バージョン 2.44.0
  • Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa): Ops エージェント バージョン 2.39.0
  • Ubuntu 22.04 LTS(Jammy Jellyfish): Ops エージェント バージョン 2.42.0
  • Ubuntu 23.10(Mantic Minotaur): Ops エージェント バージョン 2.44.0
  • RHEL 9: Ops エージェント バージョン 2.40.0
  • Rocky Linux 9: Ops エージェント バージョン 2.40.0
  • SLES 15: Ops エージェント バージョン 2.43.0
  • OpenSUSE Leap 15: Ops エージェント バージョン 2.43.0

Ops エージェントは、Compute Engine でサポートされているイメージのサブセットでサポートされています。Compute Engine Arm VM の詳細については、Arm VM インスタンスの作成と起動をご覧ください。

Windows オペレーティング システム

エージェントは、次の Windows オペレーティング システムをサポートしています。

  • Windows Server: Windows-2016、Windows-2019、Windows-2022
  • Windows Server Core: windows-2016-core、windows-2019-core、windows-20h2-core、windows-2022-core

エージェントのアクセス要件

エージェントをインストールするには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • Google Cloud Package Repository: packages.cloud.google.com

  • Google のダウンロード サブドメイン: dl.google.com

エージェントを実行するには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • OAuth2 トークン サーバー: oauth2.googleapis.com

    より古いバージョンのエージェントでは www.googleapis.com へのアクセスが必要になる場合があります(完全 URL: https://www.googleapis.com/oauth2/v3/token)。

    古いバージョンのエージェントを使用している場合は、最新バージョンにエージェントをアップグレードすることをおすすめします。

  • Monitoring API: monitoring.googleapis.com

  • Logging API: logging.googleapis.com

エージェントは、プロセス間通信に VM 内の TCP ポートを使用します。VM 上のエージェントが次のポートを使用できるようにする必要があります(これらのポートは外部に対して開く必要はありません)。

  • 20201

  • 20202

非推奨ポリシー

Ops エージェントには、エージェントの非推奨ポリシーが適用されます。

以前の機能とバージョンの非推奨情報については、Google Cloud のオペレーション スイートの非推奨をご覧ください。

料金

Ops エージェントをインストールすると、エージェントから Google Cloud プロジェクトに送信された指標、ログ、トレースに対して課金される場合があります。詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

OpenTelemetry Protocol(OTLP)トレースを収集するには、計測されるアプリケーションからトレースを収集するようにエージェントを構成する必要があります。詳細については、Ops エージェントを使用して(OTLP)トレースを収集するをご覧ください。

次のステップ