Nginx プラグイン

Nginx は無料で提供される、オープンソースの高性能な HTTP サーバーで、リバース プロキシ、IMAP/POP3 プロキシ サーバーとしても機能します。詳細については、nginx.org をご覧ください。

検出

Nginx プラグインが構成されていない場合でも、Stackdriver Monitoring で次の操作を行うことで、Cloud Platform プロジェクトで実行されている Nginx サービスを検出できます。

  • nginx のインスタンス名検索
  • ファイアウォール ルールで 80 または 443 に開かれているポートを確認

Nginx の指標を確認するには、[モニタリング] に移動します。

[モニタリング] に移動

  • ナビゲーション パネルに [Resources] が表示された場合は、[Resources] を選択し、次に [Nginx] を選択します。

  • それ以外の場合は、[ダッシュボード] を選択し、次にリストから [Nginx] ダッシュボードを選択します。

Nginx をモニタリングするための Monitoring の構成

モニタリング エージェントをインストールした後、次の手順でインスタンス上の Nginx プラグインを構成します。

前提条件

Nginx のプラグインでは、Nginx のステータス情報ハンドラを有効にする必要があります。これは、status.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードして、Nginx 構成ディレクトリ(通常は /etc/nginx/conf.d/)に置くことで行えます。

(cd /etc/nginx/conf.d/ && sudo curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/nginx/conf.d/status.conf)

あるいは、status.conf の内容を nginx.conf ファイルに追加することもできます。通常、このファイルは、VM インスタンスのディレクトリ /etc/nginx/usr/local/nginx/conf、または /usr/local/etc/nginx のいずれかに置かれています。

次を実行して、Nginx 構成を再読み込みします。

sudo service nginx reload

Nginx モニタリング プラグインを有効にする

VM インスタンス上で、nginx.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードしてディレクトリ /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ に置きます。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && sudo curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/nginx.conf)

構成ファイルを追加した後、次のコマンドを実行して、モニタリング エージェントを再起動します。

sudo service stackdriver-agent restart

collectd nginx プラグインの詳細については、Plugin:nginx をご覧ください。

モニタリング対象

Nginx プラグインがモニタリングする指標の詳細リストは、エージェントの指標: nginx にあります。