Nginx プラグイン

Nginx は無料で提供される、オープンソースの高性能な HTTP サーバーであり、リバース プロキシ、IMAP/POP3 プロキシ サーバーとしても機能します。詳細については、nginx.org をご覧ください。

検出

Nginx プラグインが構成されていない場合でも、Cloud Platform プロジェクトで実行されている Nginx サービスを Stackdriver Monitoring で次の操作を行うことで見つけることができます。

  • nginx のインスタンス名検索
  • ファイアウォール ルールで 80 または 443 に開かれているポートを確認

検出されたサービスは、[Resources] メニューの [Nginx Services] ページに表示されます。モニタリング エージェントをインストールし、インスタンス上の Nginx プラグインを構成した後、Monitoring は、Nginx サービスのページにインベントリや指標を取り込みます。

Nginx をモニタリングするための Monitoring の構成

モニタリング エージェントをインストールした後、次の手順でインスタンス上の Nginx プラグインを構成します。

前提条件

Nginx のプラグインでは、Nginx のステータス情報ハンドラを有効にする必要があります。そのためには、status.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードして Nginx の構成ディレクトリ(通常は /etc/nginx/conf.d/)に置きます。

(cd /etc/nginx/conf.d/ && sudo curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/nginx/conf.d/status.conf)

または、status.conf の内容を nginx.conf ファイルの末尾に付加します。このファイルは通常、VM インスタンス上の /etc/nginx/usr/local/nginx/conf/usr/local/etc/nginx のいずれかのディレクトリにあります。

nginx の構成を変更した後、次を実行して Nginx を再起動します。

sudo service nginx restart

Nginx モニタリング プラグインを有効にする

VM インスタンス上で、nginx.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードし、ディレクトリ /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ に置きます。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && sudo curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/nginx.conf)

構成ファイルを追加した後、次のコマンドを実行して、Monitoring エージェントを再起動します。

sudo service stackdriver-agent restart

他のプラグインの構成オプションに関する情報は collectd.org をご覧ください。

モニタリング対象

Nginx プラグインは、次の指標をモニタリングします。

  • アクティブ接続(数): 現在 Nginx に接続されているアクティブな接続の数。
  • 読み取り接続(数): 現在 Nginx に接続されている読み取り接続の数。
  • 書き込み接続(数): 現在 Nginx に接続されている書き込み接続の数。
  • 待機している接続(数): 現在 Nginx に接続されている待機接続の数。
  • リクエスト(数/秒): Nginx が提供する 1 秒あたりのリクエスト数。

詳細については、エージェント指標の一覧: Nginx をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。