移行ツールとモダナイゼーション ツール

移行作業の中心には、移行ツールとモダナイゼーション ツールがあります。これらのツールにより、既存のワークロードを Google Cloud に移行し、インフラストラクチャをモダナイズするときに Google Cloud マネージド サービスを活用できます。

このドキュメントでは、Google Cloud プロフェッショナル サービスチームが移行プロジェクトとモダナイゼーション プロジェクトで使用する主なツールについて説明します。

Google Cloud ツール

次の表では、Google Cloud で利用可能な移行ツールとモダナイゼーション ツールの一部を示します。

戦略 Tools ソース 宛先 説明
リフト&シフト Migrate to Virtual Machines
  • オンプレミス VMware VM
  • 他のクラウド環境の VM
Compute Engine
仮想マシンをオンプレミス環境やクラウド環境から Google Cloud に移行するためのツール。
VMware HCX
  • オンプレミス VMware VM
  • 代替クラウドで動作する VMware VM
Google Cloud VMware Engine オンプレミス環境から Google Cloud VMware Engine に、仮想マシン(VM)を移行するためのツール。VMware HCX は、vSphere ベースのオンプレミス リソースとクラウド リソースを抽象化し、それらを連続する 1 つのリソースとしてアプリケーションに提示して、ハイブリッド インフラストラクチャを実現します。
プラットフォームの再構築 Migrate to Containers オンプレミス物理サーバー、VM、GKE GKE、Autopilot、GKE Enterprise、Cloud Run VM ベースのワークロードを Google Kubernetes Engine(GKE)または GKE Enterprise のコンテナに変換するために使用するツール。ワークロードは、VMware オンプレミス、AWS、Azure、Compute Engine のいずれかで実行されている VM から移行でき、既存のワークロードを簡単にコンテナ化する柔軟性が得られます。
データストリーム Oracle、MySQL Cloud SQL このツールは、サーバーレスの変更データ キャプチャ(CDC)とレプリケーション サービスです。異種データベースおよびアプリケーション間で確実にデータを同期でき、レイテンシとダウンタイムも最小限に抑えられます。Datastream は、Oracle および MySQL データベースから Cloud Storage へのストリーミングをサポートしています。
Database Migration Service PostgreSQL、MySQL、SQL Server Cloud SQL このツールは、オンプレミス、Compute Engine、および他のクラウドから Cloud SQL へのデータベースの移行に役立つサーバーレス サービスです。Database Migration Service は、ダウンタイムを最小限に抑えるために、移行元から移行先への連続的データ レプリケーションをサポートしています。
リファクタリング BigQuery Data Transfer Service Teradata、Amazon RedShift BigQuery このツールは、スケジュールに基づく管理された方法で、Software-as-a-Service アプリから BigQuery へのデータ移動を自動化します。

移行するワークロードの特性に応じて、他のツールを移行ツールのアーキテクチャと統合することもできます。他の移行ツールには、次のリストに挙げるものなどがあります。

  • Storage Transfer Service を使用すると、他のクラウド プロバイダ、オンライン リソースやローカルデータ(S3、Blob、データレイク、オンプレミス ファイル システムなど)から Cloud Storage にデータを転送できます。
  • Transfer Appliance は、ビジネス オペレーションを中断することなく、大量のデータを Google Cloud に移行できるハードウェア アプライアンスです(20 TB 超、1 ペタバイト以下のデータを推奨)。
  • イメージのインポートを使用すると、必要なソフトウェアと構成(ゴールデン ディスクまたはゴールデン イメージ)があるオンプレミス環境の仮想ディスクを Google Cloud にインポートし、生成されたイメージを使用して仮想マシンを作成できます。このツールは、ほとんどの仮想ディスク ファイル形式(VMDK や VHD など)をサポートしています。

サードパーティ製ツール

次のリストでは、サードパーティの移行ツールを示します。このリストは、参考目的のものであり、Google がサポートを表明するものではありません。

  • RackWare Management Module(RMM)は、完全に自動化されたエンタープライズ クラスの移行ソリューションです。これを使用して、データセンターまたはパブリック クラウドにある物理サーバーや仮想サーバーを Google Cloud に移行できます。これは Google Cloud Marketplace に掲載されており、次の 2 とおりの方法でライセンスを購入できます。

  • SUREedge: Migrate for Virtual Machines が適していない可能性がある(オンプレミスの非 vSphere 仮想化環境など)場合に、物理環境および仮想環境から Google Cloud に移行できるツールです。

  • Data Validation Tool は、オープンソースの Python CLI ツールであり、異種のデータソース テーブルを比較する Ibis フレームワークに基づき、マルチレベルの検証機能を備えています。データ検証は、データ ウェアハウス、データベース、データレイクの移行プロジェクトにおける重要なステップです。

  • HarbourBridge: Spanner の評価および移行は、既存の PostgreSQL、MySQL、SQL Server、Oracle、DynamoDB データベースのデータを使用した Spanner の評価および移行用のスタンドアロン オープンソース ツールです。

  • HBase Tools は、Bigtable に移行する HBase ユーザーをサポートします。

  • Migrate Hive tables to BigQuery フレームワークは、移行の進行状況を追跡するために、Cloud SQL を使用して Hive から BigQuery にデータを移行します。