VMware HCX を使用した VMware VM の移行

このページでは、VMware HCX を使用して、仮想マシン(VM)をオンプレミス環境から Google Cloud VMware Engine に移行する方法について説明します。VMware HCX は、vSphere ベースのオンプレミス リソースとクラウド リソースを抽象化し、それらを連続する 1 つのリソースとしてアプリケーションに提示して、ハイブリッド インフラストラクチャを実現します。

始める前に

  1. オンプレミスで使用する VMware プロダクトのバージョンが、HCX を使用した希望の移行タイプ オプション(ライブ / コールド / バルク)をサポートしていることが必要です。vMotion には、vCenter 5.5 / ESXi 5.5 以降のバージョンが必要です。移行元の vSphere のバージョンと、そのバージョンに対応したサポートされている HCX 機能の詳細については、HCX の相互運用性に関するドキュメントをご覧ください。
  2. Google Cloud プロジェクトVirtual Private Cloud(VPC)ネットワークが必要です。
  3. オンプレミス環境には、プロジェクト内 VPC ネットワークへの Cloud Interconnect 接続が必要です。

このページで説明する概要は、vSphere バージョンが HCX に対応している限り、オンプレミス環境での vSphere の特定バージョンとは関係がありません。

プライベート クラウドで VMware HCX を使用してハイブリッド インフラストラクチャ ソリューションをデプロイする

Google Cloud VMware Engine 用の HCX 移行ソリューションをデプロイするには、次のことを行う必要があります。

環境にプライベート クラウドを作成する

Google Cloud VMware Engine 環境でプライベート クラウドを作成します。プライベート クラウドを作成すると、VMware Engine によって次の処理が行われます。

  1. HCX Cloud Manager アプライアンスがシステム管理ネットワーク内に、管理リソースプールがプライベート クラウド内にそれぞれデプロイされます。
  2. HCX 管理ネットワーク、HCX vMotion ネットワーク、HCX uplink ネットワークの用のサブネットが作成されます。HCX サブネットの IP アドレス範囲を入力した場合は、VMware Engine はその範囲を使用してサブネットを作成します。
  3. コンピューティング プロファイル(ネットワーク プール)の情報を使用して HCX Cloud Manager が構成されます。
  4. さまざまな HCX サービス アプライアンスと HCX Cloud Manager の間のネットワーク接続が確立されます。
  5. ライセンス アクティベーション キーが生成され、そのコードを使用して HCX Cloud Manager が構成されます。
  6. HCX Cloud Manager を VMware HCX サービスに登録します。

プライベート クラウドを作成する際、必要に応じて、HCX サービス用のサブネット IP アドレス範囲を /27 以上で指定できます。プライベート クラウドの作成後に HCX をデプロイする場合は、HCX のサブネット IP アドレス範囲を予約して、Cloud カスタマーケアに連絡してください。

プライベート クラウドでインフラストラクチャ サービスを設定する

プライベート クラウドのインフラストラクチャ サービスを構成して、ワークロードとツールを管理します。

  1. プライベート クラウドのワークロードに IP アドレス ルックアップ、IP アドレス管理、名前解決サービスを提供するには、DHCP サーバーと DNS サーバーを設定します
  2. プライベート クラウド内の管理 VM とホストでは gve.goog ドメインが使用されます。このドメインへのリクエストを解決するには、DNS サーバーで DNS 転送を構成します。
  3. 省略可。オンプレミスの Active Directory のユーザーをプライベート クラウドに配置する場合は、ID プロバイダを追加します。

オンプレミス ネットワークをプライベート クラウドに接続する

  1. Cloud Interconnect を使用して、オンプレミス ネットワークをプライベート クラウドに接続します。
  2. Cloud Interconnect アタッチメントを終端させる Cloud Router のカスタムルートに、VMware Engine サブネットの IP アドレス範囲を追加します。
  3. オンプレミスのファイアウォールで必要なネットワーク ポートを開きます。

オンプレミス環境への HCX Cloud Manager のインストールを準備する

  1. HCX Cloud Manager から HCX コネクタ OVA をダウンロードします。
    1. VMware Engine ポータルにアクセスします
    2. [Resources] ページで、自身のプライベート クラウドをクリックします。
    3. [vSphere Management Network] ページで、HCX の FQDN をクリックし、HCX Cloud Manager にログインします。
    4. HCX Cloud Manager で、[Administration] > [System Updates] に移動します。
    5. [Request download link] をクリックして、OVA ファイルをダウンロードします。
  2. HCX Cloud Manager UI で、HCX Cloud Manager を利用可能な最新バージョンに更新します。
  3. オンプレミスの HCX コネクタのライセンス アクティベーション キーをダウンロードします。
    1. VMware Engine ポータルで、[Resources] に移動して、プライベート クラウドを選択します。
    2. [Technology Stack] セクションで、[ Download HCX Activation Key] をクリックして鍵を含むファイルをダウンロードします。ダウンロードしたアクティベーション キーの保存と管理はお客様の責任です。

必要に応じて、[ Generate HCX Activation Key] をクリックして、新しい HCX アクティベーション キーを生成できます。新しく生成されたキーは、生成済みのアクティベーション キーを含むダウンロード可能ファイルの末尾に追加されます。

オンプレミス環境に HCX コネクタをインストールする

VMware HCX ユーザーガイドの手順に沿って、オンプレミス環境に HCX コネクタをインストールして構成します。

  1. HCX Manager のインストールのためのオンプレミス環境を準備します。
    1. 使用可能な IP アドレスを特定します。
    2. 必要に応じて、vLAN / サブネットを作成します。
  2. オンプレミスの vSphere 環境に HCX Manager OVA をデプロイします。
  3. 前の手順でダウンロードしたアクティベーション キーを使用し、HCX Connector インスタンスを VMware に登録します。
  4. HCX コネクタを構成します。

ワークロードの移行に HCX Cloud Manager を使用する

HCX を使用してオンプレミス環境からプライベート クラウドにワークロードを移行する方法については、VMware HCX ユーザーガイドをご覧ください。

実施可能な操作の一部を以下に示します。

  • 2 つのサイト(オンプレミスとプライベート クラウド)のペアリング
  • 移行の実行とスケジュール設定:
    • コールド
    • バッチ
    • vMotion
  • レイヤ 2 ネットワークの拡張

外部リファレンス