ワークロードをコンテナに移行する概要

Migrate for Anthos and GKE を使用して、VM ベースのワークロードを Google Kubernetes Engine(GKE)または Anthos クラスタで実行されるコンテナに変換します。VMware、AWS、Azure、Compute Engine のいずれかで動作する VM からワークロードを移行できるので、既存のワークロードを柔軟にコンテナ化できます。

VM は、サポートされているソース プラットフォームから次のプラットフォームに移行できます。

GKE と Anthos クラスタについて

Google Kubernetes Engine(GKE)クラスタでは、自動スケーリングとマルチクラスタ サポートを含め、安全なマネージド Kubernetes Services を提供します。GKE を使用すると、Google Cloud 上の Kubernetes でコンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、管理、スケールを行うことができます。

  • Autopilot クラスタ: GKE は、ノードやノードプールなどのクラスタの基盤となるインフラストラクチャをプロビジョニングして管理します。また、ユーザーによる操作が不要な最適化されたクラスタを提供します。簡素化された Linux サービス マネージャーを使用するメリットについては、Autopilot クラスタと Cloud Run への移行をご覧ください。

Anthos は、クラウド環境とオンプレミス環境で一貫性のある開発と運用を行うことができるアプリケーション管理プラットフォームです。Anthos には、次のような一連のコア コンポーネントが含まれています。

  • Anthos クラスタ: クラウド環境とオンプレミス環境の両方で Kubernetes クラスタを実行するためのコンテナ オーケストレーションおよび管理サービスです。Anthos は、アプリケーションをデプロイする環境で Google Cloud の Anthos クラスタ、Anthos clusters on VMware、または Anthos clusters on AWS を利用して、アプリケーションをデプロイする環境の Kubernetes を管理します。

  • Anthos Config Management: 環境全体でポリシーの定義、自動化、適用を行い、組織のセキュリティとコンプライアンスの要件を満たすことができます。

  • Anthos Service Mesh: アプリケーションのパフォーマンスをモニタリングしてトラブルシューティングを行い、サービス間のトラフィックの管理と保護を行うことができます。

  • Anthos セキュリティ: 環境全体を一貫して制御することで、ハイブリッドとマルチクラウドのデプロイを保護します。

Cloud Run について

Cloud Run はマネージド型のコンピューティング プラットフォームで、ウェブ リクエストまたは Pub/Sub イベント経由で呼び出し可能なステートレス コンテナを実行できます。簡素化された Linux サービス マネージャーを使用すると、移行したコンテナ ワークロードを Cloud Run にデプロイできます。

Migrate for Anthos and GKE について

Migrate for Anthos and GKE の利点と概要については、次のドキュメントをご覧ください。

探索

移行プロセスに関する詳細なガイドについては、次のリソースをご覧ください。

クイックスタート

クイックスタートでは、シンプルな Compute Engine VM を移行します。このガイドでは、ほとんどの Linux の移行で行う基本的な手順について説明します。

チュートリアル

このチュートリアルでは、コードを変更せずに、サービスとそのデータベースを VM から GKE 環境に移行する方法を説明しています。ここで使用するサンプル アプリケーションは、リテール バンキング サービスのシミュレーションである Bank of Anthos で、独自の取引処理ネットワークとデータベースを備えています。

ハンズオンラボ

次のラボでは、移行するサンプル VM を含む開発環境を作成します(既存の Google アカウントがなくてもラボを実行できます)。

移行手順

Migrate for Anthos and GKE を使用すると、安全なマネージド Kubernetes クラスタ上のコンテナに既存のワークロードを移行してモダナイズできます。

以降のセクションでは、VM をコンテナに移行する手順について説明します。これらのセクションは順番に行ってください。各セクションは前のセクションの結果を前提としています。

ソース ワークロードを選定する

VMware、AWS、Azure、Compute Engine で実行されている Linux および Windows VM を、GKE または Anthos でコンテナとして実行するかどうかを判断します。

Migrate for Anthos and GKE を設定する

処理クラスタを作成して Migrate for Anthos and GKE コンポーネントを実行します。このコンポーネントは、移行元 VM からターゲット コンテナへのワークロードの移行に必要な変換を実行します。

  • VMware、AWS、Azure でターゲットが Google Cloud の場合、Migrate for Compute Engine をインストールしてワークロードを Google Cloud に転送する際に依存関係が存在します。

  • VMware の場合、アプリケーションをオンプレミス コンテナで実行するように移行するには、移行元の VMware VM の vCenter / vSphere 環境に Anthos clusters on VMware をインストールしてから移行を行います。

  • AWS の場合、アプリケーションを AWS 上のコンテナで実行するように移行するには、移行元の AWS VM のリージョンに Anthos clusters on AWS をインストールして移行を実施します。

  • Windows VM の場合、Compute Engine VM から GKE、または Anthos on Google Cloud で動作するコンテナへの移行のみサポートされます。したがって、他の移行元から Windows VM を移行するには、最初に Migrate for Compute Engine を使用して Compute Engine VM に移行する必要があります。

詳しい手順については、設定手順をご覧ください。

Linux ワークロードを移行する

Linux ワークロードをコンテナに移行してから、コンテナを Google Cloud の GKE クラスタまたは Anthos クラスタ、Anthos clusters on VMware、または Anthos clusters on AWS バージョン 1.4 以降にデプロイします。

Windows ワークロードを移行する

Windows ワークロードをコンテナに移行してから、コンテナを Google Cloud の GKE クラスタまたは Anthos クラスタ、Anthos clusters on VMware、または Anthos clusters on AWS バージョン 1.4 以降にデプロイします。

アンインストール

手順については、Migrate for Anthos and GKE のアンインストールをご覧ください。

次のステップ