Anthos クラスタ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Anthos クラスタは、Anthos の一部として Kubernetes クラスタと連携する統合された方法を提供し、GKE を拡張して複数の環境で作業できるようにします。Anthos、Google Cloud(従来の GKE)、ハイブリッド クラウド、または複数のパブリック クラウドのいずれを使用している場合でも、整合性があり、統一された、安全なインフラストラクチャ、クラスタ、コンテナ管理を利用できます。

このガイドでは、Google Cloud、Google Distributed Cloud Virtual の一部としてのオンプレミス(VMware とベアメタルの両方)、他のパブリック クラウド(AWS と Azure)の利用可能なすべての Anthos クラスタ環境に関する一連の詳細なドキュメントのほか、すべての環境に有効な GKE のコア情報へのリンクがあります。

オンプレミスと他のパブリック クラウド上にある Anthos クラスタは GKE をベースとしていますが、標準準拠の GKE 以外の Kubernetes クラスタを Anthos に追加することもできます。接続されたクラスタを使用すると、Anthos クラスタに完全に移行しなくても、既存のシステムで Anthos の機能を一部利用できます。クラスタを接続すると、GKE クラスタおよび Anthos クラスタとともに Google Cloud コンソールでそれらを表示して、Anthos 機能のサブセットを有効にできます。

最後に、このガイドにはフリート管理ドキュメントへのリンクも記載されています。フリートは、クラスタの論理的なグループ化、管理の簡素化、Anthos Config Management などの Anthos 機能の使用を可能にする Anthos の主なコンセプトです。すべての Anthos クラスタをフリートに登録して、一括管理できます。フリートの詳細とマルチクラスタのデプロイを簡素化する方法については、フリート管理の概要をご覧ください。

Anthos プラットフォーム全体については、Anthos の技術概要をご覧ください。GKE などの Google Cloud で、サンプルのデプロイメントを使用して Anthos を試すには、Explore Anthos をご覧ください。